第28回「たどくらぶ」(11月11日)開催のお知らせ

オフ会の告知、報告はこちらにどうぞ?
フォーラムルール
ここはオフ会、行事、イベントのお知らせ、報告用のフォーラムです。

第28回「たどくらぶ」(11月11日)開催のお知らせ

投稿記事by マロン » 2018年10月30日(火) 00:09

こんにちは!

11月11日(日) 『たどくらぶ』 開催のお知らせです。

『たどくらぶ』 は
仲間と一緒に TADOKU を楽しみたい人の集まりです!

 読み聞かせをしたり…
 ブックトークをしたり…
 自分のプロジェクトを発表したり…

それぞれが、思い思いに TADOKU を楽しんでいます。

TADOKU をされている方なら 「誰でも」 ご参加いただけます。
多読歴や「英語力」は問いません!
「手ぶら」 でのお気楽参加も歓迎します!
仲間の話を聞いているだけでも楽しい!はずです!
はじめての方も気軽に遊びに来てください!
お待ちしています!


********************************************************************************
◇日時: 11月11日(日)13:30~16:30頃 (遅刻早退可)

◇会場: NPO多言語多読
http://tadoku.org/about/address

◇参加費:
NPO多言語多読 正会員/準会員 700円
NPO多言語多読 賛助会員/非会員 1,000円

◆ご参加いただくには、毎回必ず 「参加表明」 が必要です。
A) 「このトピックに返信」 する形で参加表明するか、
B) 「NPO多言語多読に申し込み」 をしてください
http://tadoku.org/contact

◆参加表明の締め切り: 11月8日(木)18時まで

◇定員:先着24名
運営メンバー(最大16名)が優先されるため、
最少8名の方がご参加いただけます。
※運営メンバーは、当日の司会、会計、報告等を持ち回りで行います。
********************************************************************************

これまでの活動の様子を知りたい方はこちらをご覧ください
http://tadoku.org/blog/blog/category/tadokulove
Show post links

マロン

Show post links

マロン
 
記事: 18
登録日時: 2012年8月15日(水) 16:53

Re: 第28回「たどくらぶ」(11月11日)開催のお知らせ

投稿記事by Owly » 2018年11月09日(金) 04:48

Owlyです。

遅れましたが、参加します。手ぶらになるかも知れませんが、よろしくお願いします。

Show post links

Owly
 
記事: 111
登録日時: 2011年9月08日(木) 00:37

Re: 第28回「たどくらぶ」(11月11日)開催のお知らせ

投稿記事by katobushi » 2018年11月09日(金) 14:43

ktbです。

当日はひきふね図書館で講演のお手伝いがあるので
ちょっと遅れて参加します。
よろしくお願いします。

Show post links

katobushi
 
記事: 994
登録日時: 2012年8月02日(木) 16:53

Re: 第28回「たどくらぶ」(11月11日)開催のお知らせ

投稿記事by RuiRui » 2018年11月09日(金) 21:00

RuiRuiです。

今回ご紹介するマザーグースは "Pop goes the weasel"です。

Up and down the City Road,
In and out the Eagle,
That's the way the money goes,
Pop goes the weasel!

Half a pound of tuppenny rice,
Half a pound of treacle,
Mix it up and make it nice,
Pop goes the weasel!

Every night when I go out
The monkey's on the table,
Take a stick and knock it off,
Pop goes the weasel!



"The Eagle" refers to a pub "The Eagle Tavern".
It still exists now on the corner of City Road and Shepherdess Walk
in Hockney, North London.
https://www.theeaglehoxton.co.uk/

There are some suggestions about what "pop goes the weasel" means.
"Pop" is a Cockney slang for pawn (質入れ) and
"Weasel(イタチ)" for suit or coat.
The last line would mean to drink until there's no money left
so people pawn their suit (or coat) to get money.

This nursery rhyme is also a dance tune.
A very popular country dance in England in 1850s.
Can you dance?



And further, you can hear the tune when you turn the crank of
a "Jack-in-the-box".



See you at たどくらぶ!

RuiRui

Show post links

RuiRui
 
記事: 181
登録日時: 2015年10月02日(金) 15:39

Re: 第28回「たどくらぶ」(11月11日)開催のお知らせ

投稿記事by マロン » 2018年11月10日(土) 17:31

ご参加ありがとうございます。
明日、よろしくお願いします。

Show post links

マロン
 
記事: 18
登録日時: 2012年8月15日(水) 16:53

第28回「たどくらぶ」(11月11日)の報告です。

投稿記事by マロン » 2018年11月13日(火) 01:17

今回は参加者が少なく
5人でした。
早くおわるだろうと思ったものの、しっかり5時30分頃まで、もりあがりました。
私は日直だけで何もしませんでした :aserimasu:

次回は忘年会バージョンたどくらぶです。 :cheers:

Show post links

マロン
 
記事: 18
登録日時: 2012年8月15日(水) 16:53

Re: 第28回「たどくらぶ」(11月11日)開催のお知らせ

投稿記事by RuiRui » 2018年11月13日(火) 19:42

RuiRuiです。

まずは、今月のマザーグースを紹介しました。
"Pop goes the weasel"です。

今もロンドンのCity RoadにあるパブEagleには、
外壁にこのマザーグースが書かれています。
みんなで写真を確認しました。

パブEagleでお金がなくなるほど飲んで、
大事な一張羅を質入れする様が描かれているマザーグース。
こんな大人っぽい内容の唄があるのも
マザーグースのおもしろいところです。

それからもうひとつ、絵本を1冊紹介しました。

"Where My Wellies Take Me"
by Clare and Michael Morpurgo
Designed and illustrated by Olivia Lomenech Gill



Michael Morpurgoがお話を書き、
奥さんのClareがそれにちなんだ詩を選び、
Olivia L. Gillがじつにすてきな絵を描いている絵本。

Pippaという女の子が長靴をはいて、気の赴くまま散歩します。
農場、教会、森、虫、ふくろう、リス、牛、豚…
イギリスの田舎の風景満載でうっとりしてしまいます。

Clareが選んだ詩のなかには、William Blake,
Dylan Thomas, Ted Hughes, W.B.Yeats, Robert Frost,
Walter de la Mareたちといった偉大なる詩人が書いたものがいろいろ。
マザーグースもいくつか含まれてます。
先月やったThis little pig went to marketも入っていてうれしくなりました。。


RuiRui

Show post links

RuiRui
 
記事: 181
登録日時: 2015年10月02日(金) 15:39

Re: 第28回「たどくらぶ」(11月11日)開催のお知らせ

投稿記事by katobushi » 2018年11月27日(火) 15:26

katobushiです。

僕は、今はまっているPhilippa Pearceさんの本を紹介しました。
この2か月で彼女の作品を三作読みました。

Tom's midnight garden
A dog so small
Minnow on the Say



ちょうど、RuiRuiさんが「トム」を読んでいるところだったので、
ネタばれできなくて、その話はおあずけ。。。

かわりに、RuiRuiさんが2年まえ講座に通っている頃に読んだという
A dog so small の話で盛り上がりました。

この本は、三作のなかで僕の一番のお気に入り。
犬を飼いたくて、でもロンドンのフラットに住んでるから飼えなくて、、、
という少年の心を丁寧に描いた作品です。
最後の数ページは、こころをキュンキュンさせながら読みました。

そうそう、最後のシーンはロンドン郊外のハムステッド・ヒース
という丘?のような公園?のようなところなのですが
頭の中で「こんなところかなぁ?」と風景を想像しながら読んでいて、
読み終わった後に、とある映画の冒頭にハムステッド・ヒースがでてきて、
僕が想像していたのとピッタリだった!
という話をしたら、、、

RuiRuiさんが、
「最後のあのシーンはハムステッド・ヒースなの?そう書いてあった?」
といいだした!
なんでも、2年前に読んだときは「背伸び」だったからよくわからなかったらしく、
でも、先日のイギリス旅行でハムステッド・ヒースに行った時に、
あのシーンと同じだ!と思ったと。。。

いやぁ~~楽しい!!
(説明が複雑でわからなかったらごめんなさい)

次回は、「トム」の話ができるかな?
「ミノウ」も読んでね。挿絵を Edward Ardizzone が書いてるよ。

ktb/roger

Show post links

katobushi
 
記事: 994
登録日時: 2012年8月02日(木) 16:53


Return to オフ会

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]

cron