Jenin Jenin にほんご訳プロジェクト

Tadokuでいろんなことをやってみよう!

Re: Jenin Jenin にほんご訳プロジェクト

投稿記事by pom » 2016年12月28日(水) 12:22

2016.12.26 Skype で検討した部分

------------------------------------------------------------------

(2)00:01:00 題名
Jenin...Jenin
ジェニン…ジェニン


(3)00:01:15 うしろ姿の男
I am Saffuri, my friend...Saffuri
サフーレだよ、みんな…サフーレだ


(4)00:01:19 老人A
Every time we build a nest, they destroy it.
わしらがわが家をつくるたびに、あいつらは壊した。

家をつくるたびに壊しやがる。


(5)00:01;22 老人A
Every time we build a home, they destroy it.
わしらが家庭をつくるたびに、あいつらは壊した。

居場所をつくるたびにこわしやがる


(6)00:01:23 老人A
Every time a child is born, they kill it.
子どもが生まれるたびに、あいつらは殺した。

子どもが生まれるたびに殺しやがる


(7)00:01:27 老人A
What can we do?
わしらに何ができるっていうんだ?

いったい何ができるというんだ?


(8)00:01:29 老人A
They killed our hope...and the love That was in our hearts.
あいつらはわしらの希望を奪ったんだ。そしてわしらの心のなかの愛も奪った。

希望も愛も奪われたんだ。いつも心のよりどころだったのに。


(9)00:01:34 老人A
What harm have these houses done? 
わしらの家がなんの害になるって?

わしらの家がじゃまだって?


(10)00:01:37 老人A
What harm has the murdered child done?
殺された子どもがなんの害になるっていうんだ?

殺された子どもがじゃまだって?


(11)00:01:38 老人A
We are still pulling victims out of the rubble.
わしらは、今になってもがれきの下から亡骸を掘りだしているんだ。

まだがれきの中から家族を探しているんだ。


(12)00:01:42 老人A
They say an investigation commission is on its way here.
調査委員会が派遣されてくるなんていわれているが、

調査委員会がやってくるなんて聞いたけど

(13)00:01:43 老人A
Why are all the world regulations applied to our people only,
世界の規制はどれもわしらの民族だけに適用されて

わしらの民族だけが規制されて、


(14)00:01:46 老人A
and never to the Israelis?
イスラエル人に適用されないのはなぜなんだ?

イスラエル人が規制されないのは、なぜだ?


(15)00:01:48 老人A
Where is God?
神はどこにいるんだ?



(16)00:01:51 老人A
God, forgive me!
神よ、許したまえ!

(ここはメモに残っていませんでした。要検討でしたっけ?)


(17)00:01:54 男性A
This is where I live, this is my land and I have nowhere else to go.
ここに私は住んでいました。ここは私の土地で、他に行くところはありません。

ここに私は住んでいた。ここは私の土地で他に行くところはない。


(18)00:01:57 男性A
We were displaced before and our fathers have been through the same ordeal.
過去に故国を追われて、私たちの祖先はおなじ試練を耐えました。

故国を追われた先祖も同じ試練を耐えたのだ。


(19)00:02:01 男性A
Where do you expect us to go now?
今になって、どこに行けと?


(20)00:02:04 男性A
Honestly, where do we go now?
まったく、どこへ行けと?

本当にどこへ行けと?


(21)00:02:07 男性A
Maybe our grandfathers did not learn their lesson from the past,
祖父たちは過去から何ひとつ学んでないということなのでしょうね。


(22)00:02:11 男性A
but we, the new generation have to stop this exile,
だが、私たち新しい世代は、この流刑を止めにしなければなりません。

だが、私たちの世代でこの流刑を止めなければ。


(23)00:02:17 男性A
and we have to teach our children that exile means returning to our land.
流刑というのは最後には父祖の地にもどるということだと、子どもたちに教えなければなりません。

流刑というのは最後には先祖の地にもどることだ。子どもたちにはそう教えなければ。


(24)00:02:23 男性A
We've had enough.
もう十分です。

もうごめんだ。


(25)00:02:25 男性A
We've been through three or four Nabka. That's enough.
私たちはナクバ(破局)を3度も4度も切り抜けてきました。それで十分です

私たちはナクバを3度も4度も切り抜けてきた。もうごめんだ。


(26)00:03:39 少女A
The camp? I swear that I would sacrifice my life for the camp?
難民キャンプ? あたしは、キャンプのためだったらいつでも死ねるわよ!

難民キャンプ? キャンプのためなら、いつでも死ねるわ!


(27)00:03:44 少女A
The camp means everything to me and to all its inhabitants.
あたしにはキャンプがすべてなの。キャンプの住民みんなにとってもそうなんだけど。

私にはキャンプがすべてなの。ここにいる人みんなそうよ。


(28)00:03:51 少女A
The camp is our soul, our life
キャンプはあたしたちの魂で、あたしたちの人生なの。

キャンプは私たちの魂よ、命よ。


(29)00:03:58 少女A
and it will stand high and proud forever; it has always been so anyway
そして、いつまでも誇り高くそびえるでしょうね。どのみち、キャンプはずっとそうなのだけど。

(未解決)


(30)00:04:03 少女A
Everywhere in the camp you find someone looking for a relative,
キャンプのどこに行ったって、身内を探すひとに会うわよ、

どこに行ったも、誰かが身内を探しているわ。


(31)00:04:09 少女A
looking for their home or a missing body.
自分の家や遺体を探しているひとに会う。

家や遺体を探している人がいる。


(32)00:04:12 少女A
There is not a single person at the camp who has not suffered.
苦しんでないひとなんて、キャンプにはひとりもいない。

キャンプではみんな苦しんでいるわ。


(33)00:04:17 少女A
But we will not give up
でもあきらめないわ。


(34)00:04:21 少女A
Yes, they destroyed everything but we will re-build it despite their presence.
そうよ。あいつらは何もかも破壊した。でもあいつらがいたって、あたしたちは建てなおすわ。

そうよ。何もかも破壊された。でも占領されてたって建てなおしてみせるわ。

(35)00:04:27 少女A
We will re-build everything on the basis of resistance and Sharon
あたしたちは、抵抗の精神をもってすべて元通りにするわ。

私たちは負けないわ。すべて元通りにしてみせる。


(36)00:04:30 少女A
must be aware of the resistance of the Jenin camp for all his life.
シャロンには、ジェニンのキャンプの抵抗がどういうものか、死ぬまで思い知らせてやるわ。

シャロンには、私たちの抵抗がどういうものか、死ぬまで思い知らせてやるわ。


(37)00:04:43 男性B
For eight consecutive days, they bombarded us with their tanks their fighter planes and their snipers.
8日連続で、やつらは戦車や戦闘機を使って攻撃してきた。狙撃兵もいた。

8日連続で、戦車や戦闘機、狙撃兵が攻撃してきた。


(38)00:04:53 男性B
Everyone was attacking us.
寄ってたかって攻撃してきたんだ。

寄ってたかって攻撃だ。


(39)00:04:54 男性B
Had Jenin been by the sea, they would have certainly resorted to their fleet.
ジェニンが海沿いにあったら、やつらはまちがいなく船から攻撃をしかけてきたにちがいない。

ジェニンが海沿いにあったら、やつらはまちがいなく船から攻撃をしかけてきただろう。


(40)00:04:56 男性B
Thank God Jenin is not on the coast.
ジェニンが海辺になくてほんとによかった。


(41)00:05:00 男性B
In the end, they sent three different battalions which rotated.
しまいには三個大隊で三交代にした。

しまいには三個大隊で三交替攻撃だ。


(42)00:05:07 男性B
Mufaz came with their Minister of Defence
Mufazが国防大臣をつれてやってきた。

★Mufaz? 


(43)00:05:13 男性B
and they intensified the attacks and destroyed the inhabited houses with their bulldozers.
それからは攻撃を強め、まだ人がなかにいる家をブルドーザーで壊していったんだ。

それからは攻撃が強まったんだ。人が中にいようがいまいがブルドーザーで壊した。


(44)00:05:18 男性B
The fighter planes hit and demolished the upper floors
戦闘機の銃弾が上の階を破壊していき、

戦闘機が上の階を銃撃し、


(45)00:05:22 男性B
and the bulldozers demolished the rest whilst the people were asleep.
ブルドーザーが建物の残りの部分を打ち壊していった。まだなかで人が眠っていたのに。

ブルドーザーが下の階を壊した。まだ人が眠っていたのに。


(46)00:05:26 老人B
I was sleeping, when at midnight, I heard the loudspeakers ordering up to gather in the school courtyard.
わしは眠っていた。真夜中だったよ。校庭に集まれという拡声器の声が聞こえてきたんだ。


(47)00:05:38 老人B
I dressed and went outside.
わしは服を着て、外に出た。

服を着て、外に出た。


(48)00:05:42 老人B
On my way, at about one and a half half metres away,
途中で、だいたい1メートル半ぐらい行ったところだったかな、


(49)00:05:49 老人B
a sniper shot my hand, from a window.
狙撃手がわしの手を撃ち抜いた、窓からだったよ。


(50)00:05:54 老人B
I fell to the ground, under shock.
わしは地面に倒れた、衝撃でね。


(51)00:05:58 老人B
The soldier ordered me to get up and go away.
その兵士は、起きて立ち去れ、といってきた。

その兵士は、消えろ! といった。


(52)00:06:01 老人B
I told him I couldn't get up.
わしが、起き上がれない、といったら、

起き上がれない、といったら、


(53)00:06:04 老人B
He then threatened to kill me, after which he shot me again in the foot.
やつは、殺すぞといって、もう1度わしの足を撃ったんだ。

殺すぞ! といって、もう1度わしの足を撃ったんだ。

Show post links

pom
 
記事: 164
登録日時: 2014年11月22日(土) 06:05

Re: Jenin Jenin にほんご訳プロジェクト

投稿記事by pom » 2016年12月28日(水) 12:47

12月26日にSkypeで Jenin Jenin の翻訳の検討をしました。

さかい先生、お忙しいなかありがとうございました。
参加してくれた、mikan-san, yosshiy-san, とあとおひとり、どうもありがとうございました。
検討した結果をアップするのに、時間がかかってしまってすみません。
先に感想をアップしてくれたmikan-san, yosshiy-san、ありがとうございます。

Jeninの上映会でも感じたことですが、Skypeで訳文を読み上げてみると、やっぱり固いと思いました。
自分ひとりでぶつぶつしてるときは、そんなに思わなかったんですけれども。つくづく自分は目からの人間なのだと反省しました。
まだ英語の文の形に囚われすぎていました。何を伝えたいか、とか、状況を考えて、自然な日本語にしなければ、ということで検討しました。

英語の文の形に囚われているということは、まだ英語はちゃんと体にたまってないということですよね。
だから自分のなかでちゃんと日本語に変換できない。
ということで、字幕なし多観とか聞き読みとかをもっとやらねばと再び思いました。

pom

Show post links

pom
 
記事: 164
登録日時: 2014年11月22日(土) 06:05

Re: Jenin Jenin にほんご訳プロジェクト

投稿記事by yosshiy » 2016年12月28日(水) 22:03

pomさん

(15) (16)の箇所の議論は、
pomさん訳では
(15)で 神の存在を否定している(疑っている)
(16)で (15)のことを、神に許しを乞う

この部分でpomさんは、キリスト教徒と彼ら(イスラム教徒)は
宗教が違うから、訳を考え直す必要があるかな という問題提起をした
これに対して、yosshiyは、ともに一神教だから、同じではないか、
日本人のように多神教だと違うかも(訳を考え直す必要があるかも)
という意見を言いました

だから、現行の訳で良いと思います

  yosshiy

Show post links

yosshiy
 
記事: 96
登録日時: 2015年3月31日(火) 20:33

Re: Jenin Jenin にほんご訳プロジェクト

投稿記事by pom » 2016年12月29日(木) 15:27

yoshiy-san

ありがとうございます。
このままで、そのニュアンスがちゃんと伝わるかなというところですね。

(16) ああ、なんてことをいってしまったんだ。
    神様、お許しください!

みたいなことが短くいえればいいんですが。 :huh: :huh:

pom

Show post links

pom
 
記事: 164
登録日時: 2014年11月22日(土) 06:05

Skype検討会まとめ

投稿記事by さかい@tadoku.org » 2016年12月30日(金) 16:48

pomさん、みなさん、ありがとうございました。

2時間かかって、全体(50分)の10分の1ですからね、じっくり検討したということですね。
で、その検討の要点はわたしとしてはこんなことを考えていました。

*リズムつまり翻訳した日本語を朗読して、するっと普通に読めるかどうか
*場面や気持ちに沿っているかどうか

どちらも人によって感じ方がちがうので、ただ一つの正解というものはないですね。
Skypeで検討した人たちがだれも自分の納得できる訳を提案できなかった英文もありました。

ほかにも細かいことはいろいろあるでしょうが、今回はまず大きな方向を見定めようということでした。
これからまた翻訳の機会があればそれもみなさんが参加して、
それをみんなで検討して、それぞれの「自分の翻訳」を見つけましょう!
将来翻訳を目指さないひとも、ことばについて考えるよい機会になるかもしれません。

今回何人もの人が参加してくださって、ありがとうございました! またの機会に!!

Show post links

アバター
さかい@tadoku.org
 
記事: 3234
登録日時: 2010年12月13日(月) 23:19
お住まい: Tachikawa-shi, Tokyo, Japan
Pottermore username: QuillStrike149

Re: Jenin Jenin にほんご訳プロジェクト

投稿記事by kawamo » 2016年12月30日(金) 21:43

みなさま

かわもです。26日に skypで検討会をなさったみなさま、お疲れさまでした。
字幕とか、弁士用の翻訳とか、これは考えれば考えるほど、難しくて面白くてのめりこんじゃいそうですね。
でも、ううううう~~~~~んと時間がかかりそうです。本来は、アラビア語のできる美香さん、弁士をやる高山さんときちんとやりとりしながら進めるべきところ、何しろ時間がなくて、みなさまには申し訳なかったと思っています。

今回、私がめちゃくちゃ軽いのりで、お願いしてしまったのに、それをこんなに真摯に取り組んでくださり、ほんとうにありがとうございました!!!
ただ、jenin jeninは、元がアラビア語で英語からの直接翻訳ではないこと、字幕の英語もどうなのかというところもありの、ドキュメンタリーしかも爆撃直後の生き残りたちの言いたいことがたまりにたまった状態での言葉であること、など、映画翻訳の練習にはあまり役に立たなかった部分もありましたね。ごめんなさい。


1月30日には、下北沢タウンホールで、重度の身障者が主催する美香さんのイベントがあり、私また手伝います。「車いすのジョディ」という車いすでパレスチナを訪れたイギリスの青年のドキュメンタリー映画を日本語弁士つきで上映します。興味があったらいらしてくださいね。詳細が決まり次第、みなさまには、ここではなくて、MLにお知らせします。

それでは、みなさま、よいお年をお迎えくださいませ。

かわも

Show post links

kawamo
 
記事: 489
登録日時: 2011年12月20日(火) 00:19

1つ前へ

Return to Project Tadoku

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[0人]

cron