ブックトークのスカイプおしゃべり会開催のご案内

Skypeの使い方からおしゃべり会開催の告知などなど、Skypeのこと何でも!

Re: ブックトークのスカイプおしゃべり会開催のご案内

投稿記事by Ernie » 2014年3月26日(水) 00:52

本はあんまり読んでいない、という方が多く
参加人数はそれなりに多かったのですが、やはり早めに終了し、後は雑談タイムとなりました。
ただ、その割に紹介する本が多いのは、ちょっと話がそれたり、関連本ということで出てきたも本も拾っているからです(^^;

Goth Girl: and the Ghost of a Mouse by Chris Riddell
http://www.amazon.co.jp/Goth-Girl-Ghost ... okuorg-22/
これは紙本じゃないと!という本。
もともとイラストレーターとして著名な作家の作品のため、イラストが素晴らしい。
次作も読んでみたいと思わされた。「どなた様にもオススメできる!」という名言が出ました(笑)

Chris RiddellはThe Graveyard BookやPirate Diaryのイラストで有名。(表紙を見ると分かる方が多いのでは?)
ただ、本人が文章も書いている作品は数少ないよう。

The Graveyard Book
http://www.amazon.co.jp/The-Graveyard-B ... okuorg-22/

Pirate Diary: The Journal of Jake Carpenter
http://www.amazon.co.jp/Pirate-Diary-Jo ... okuorg-22/

Dracura by Bram Stoker
(版権切れなのでネット上で無料でたくさん公開されています。↓ はamazon)
http://www.amazon.co.jp/Dracula-Bram-St ... 096&sr=8-1
audibleの音源がとてもよくて、聞いたり、読んだりしながら、音に引っ張ってもらって何とか読了。(16万語程度。)

audibleはこちら。
http://www.audible.com/pd/Classics/Drac ... f=a_c1_1_i
全体がJournalやDiary、Letter等で構成されており、ナレーションがそれによって変わる。
ドラキュラは有名だが、実際に原作を読んでいる人は少ないのでは?という話になった。
実際、なんとなく知っている、やGRで読んだ程度、という方ばかりだった。

The No. 1 Ladies' Detective Agency (No.1 Ladies' Detective Agency) by Alexander McCall Smith
http://www.amazon.co.jp/Ladies-Detectiv ... okuorg-22/
紹介本というほどではないが話がそれた時に話題にのぼった本。
ボツワナで唯一のLadies' Detective Agencyを開いた主人公。
アフリカの大自然、そこにゆったりと笑顔で暮らす人々。
ミステリーはほのぼのしたものが多いが、辛く悲しい過去や出来事も描かれる。が、後味が心地よい本。

Louis Braille: The Boy Who Invented Books for the Blind (Scholastic Biography)
http://www.amazon.co.jp/Louis-Braille-I ... okuorg-22/
前回のおしゃべり会で紹介された本。それに刺激を受けて買って読んだ。
点字の考案者Louis Brailleの生涯を描く。
短い本だが、内容は濃くやはりとてもよかった。

Genius Ideas (Mostly) (Tom Gates) by Liz Pichon
http://www.amazon.co.jp/Genius-Ideas-Mo ... okuorg-22/
ユーモアたっぷりのゴキゲンな小学校生活を送るための痛快必読本!だそう(笑)
イギリスで大人気となり、数々の賞を受賞し、世界中で翻訳されている。
日本国内のインターナショナルスクールの子どもたちが選ぶ児童書<SAKURA MEDAL>で大賞をとっている。
中はイラストや手書きっぽい文字、ふき出し等、盛りだくさん。

シリーズもので1巻目はこちら
Brilliant World of Tom Gates
http://www.amazon.co.jp/Brilliant-World ... okuorg-22/

The Giver by Lois Lowry
http://www.amazon.co.jp/The-Giver-Reade ... okuorg-22/
タドキストの間では有名なシリーズ。
映画化され、アメリカでは今夏公開ということでも話題。
出だしが非常に難しかった!
(独特な世界観なので、それは仕方がない、というのが読了済組の意見。)
全てがコントロールされた完璧な世界。が、果たしてそれは理想郷なのか。本当に幸せなのか・・・。
とても楽しめて読めたので続編もトライしてみようと思っている。

The Angel's Game by Carlos Ruiz Zafon
http://www.amazon.co.jp/Angels-Game-Car ... okuorg-22/
スペインの作家。原書はスペイン語で英訳されたもの。
舞台は1900年初頭のバルセロナ。こちらは2巻目で1巻を未読のまま読んだが(聴いたが)
少しつながりはあるものの、この作品のみ読んでも特に問題はなかった。
Dan Stevensの朗読がよくて聞きはじめた、という感じ。
主人公は教育に理解の無い父親に隠れて読書を楽しむような少年。のちに小説を出版することになるのだが・・・。
謎が謎を呼ぶ展開で面白かったが、難しく感じられた。

1巻目はこちら。
たまたま、参加者の中にこちらを読んだ方がいました!
The Shadow Of The Wind by Carlos Ruiz Zafon
http://www.amazon.co.jp/Shadow-Wind-Car ... okuorg-22/
The Shadow Of The Windという本を手にした少年がその謎を辿る。少年の成長物語でもある。

どちらにも共通して「本の墓場」が出てくる。これが印象深い。

人にお借りしたロマンス本、強化月間中(笑)
その中で特に面白いと思った2冊をご紹介。
ロマンスと聞くだけでつい敬遠してしまうような方もいるかもしれませんが、気軽に手にとってみてはいかがでしょうか。
あなたもその魅力にはまるかもしれませんよ?。

The Rake by Mary Jo Putney 邦題「放蕩者に魅せられて」(^^;
http://www.amazon.co.jp/The-Rake-Mary-J ... okuorg-22/
ヒストリカル・ロマンス
ヒロインがとても魅力的だった♪ 単なるロマンスにとどまらないストーリーとキャラクター造形がよかった。

Stardust of Yesterday (Haunting Hearts) by Lynn Kurland  邦題「きのうの星屑に願いを」
http://www.amazon.co.jp/Stardust-Yester ... okuorg-22/
ヒロインのお相手はなんと幽霊!が、さほど荒唐無稽という感じは受けず、楽しめた。

A Discovery of Witches: A Novel (All Souls Trilogy) by Deborah Harkness
http://www.amazon.co.jp/A-Discovery-Wit ... okuorg-22/
ロマンスの要素もあるが、著者の本業が学者で、ヒロインも学者なので用語等もちょっと難しい。
歴史も出てくるし、魔女やバンパイアも登場し、ファンタジー色もある。
いろいろ詰め込まれているが、世界観がしっかり構築されていて、途中でやめられない。
しかもTrilogyとあるように、ラストが次巻へ続く的な終わり方になっているので、多分、次も読むと思う。

次回は私が4月は予定がよめないためお休みさせて頂いてGW明けの5月13日(火)の開催となります。

一昨年の3月に初開催だったので、もう2年も経つんですよね。
2周年ですね、という話をしようと思っていたのですが、すっかり忘れてました(^^;
2年間、おつきあい下さった皆様には改めて感謝いたします。
今後ともどうぞよろしくお願いします(*^-^*)

Show post links

Ernie
 
記事: 178
登録日時: 2011年10月21日(金) 23:01

Re: ブックトークのスカイプおしゃべり会開催のご案内

投稿記事by MIKI » 2014年3月26日(水) 08:27

Ernieさん、ブックトークおしゃべり会に参加された皆さん、
昨日もとっても楽しかったですね!
ありがとうございました?(^^)

初開催から2年。
私は、2012年6月デビューですが、毎回、皆さんの活発なおしゃべりと情報量に驚き、
多読ワールドにはすごい人がいっぱいいるんだなーと圧倒されっぱなし。
おしゃべり会に参加すると多読貧乏になるとわかっていても、翌日は寝不足に悩まされても、
あまりにも楽しくて、おしゃべり会の雰囲気が好きで、参加せずにはいられない・・・(^_^;)

このおしゃべり会を企画し、ずっとファシリテーター役をつとめてくださっている
Ernieさんには、感謝しても感謝しきれないくらいです。
ほんとうに、ありがとうございます。

次回は5/13ですね。楽しみにしています♪

MIKI

Show post links

MIKI
 
記事: 314
登録日時: 2012年6月24日(日) 20:49
Pottermore username: MagicRose1561

Re: ブックトークのスカイプおしゃべり会開催のご案内

投稿記事by Ernie » 2014年3月28日(金) 22:30

MIKIさん、私の投稿への返信、欠かさずありがとうございます。

皆さんは私が凄い、とおっしゃって下さいますが
私は必ずログに丁寧に目を通し、返信を下さるMIKIさんこそ凄いと思います!
好きで書いている、とは言え、やはりこうやって反応を直接頂けるのは私にとって大きな力になっています(*^-^*)

私は、2012年6月デビューですが、毎回、皆さんの活発なおしゃべりと情報量に驚き、
多読ワールドにはすごい人がいっぱいいるんだなーと圧倒されっぱなし。


MIKIさんのご紹介下さる本はいつも興味深くて
私は全然アンテナがたたないようなものだったり、あまりタドキストには馴染みがないような本だったりで
こちらこそ、幅広くジャンルをカバーしているMIKIさんに毎回、ビックリ&感心しています。

おしゃべり会に参加すると多読貧乏になるとわかっていても、翌日は寝不足に悩まされても、
あまりにも楽しくて、おしゃべり会の雰囲気が好きで、参加せずにはいられない・・・(^_^;)


この2つはこの会に参加する時の2大副作用ですね(笑)
こちらこそ、いつも本当にありがとうございますm(_ _)m
これからも副作用にめげず、参加頂ければと思います♪.

Show post links

Ernie
 
記事: 178
登録日時: 2011年10月21日(金) 23:01

Re: ブックトークのスカイプおしゃべり会開催のご案内

投稿記事by Ernie » 2014年5月14日(水) 01:12

暫くぶりの開催だったこともあって、多くの方々に参加頂き、本は勿論、ドラマやサイト等、
多岐にわたるお話ができて本当に楽しかったです(*^-^*)

・Hitler's Daughter by Jackie French
http://www.amazon.co.jp/Hitlers-Daughte ... okuorg-22/

ナチスものは苦手で、ずっと前に買ったものの、積読になっていたが急に本に呼ばれて一気読みした。
現在のオーストラリアが舞台。ある少女がはじめたお話。「もし自分がHitlerの娘だったとしたら・・・。」 ←下記のMIKIさんの投稿をご参照ください。
そこから話が展開していくが、そんなに重い話ではなく、史実の導入として読むのに適していると思う。
2万語。YL4.5位。

・Moon Over Manifest by Clare Vanderpool
http://www.amazon.co.jp/Moon-Over-Manif ... okuorg-22/
ニューベリー賞受賞作。
以前にもおしゃべり会で紹介されている。
1900年初頭と1930年代が交錯しながら話が進んでいく。その時代のアメリカの雰囲気が好き、という声多数。
占い師をはじめとして、不思議な人々が次々と登場し、それも魅力のひとつ。

読了した方1名、読みかけ2名、積読1名、投げた方1名、という
さすがにタドキスト内では有名なだけあってバラエティにとんだ結果となりました(笑)

・Bog Child by Siobhan Dowd
http://www.amazon.co.jp/Bog-Child-Siobh ... okuorg-22/
アイルランドでbogと呼ばれる湿地で遺体が発見される。それがbog child。
その遺体を発見した高校生のファーガスと、その兄を中心に、アイルランドの複雑な政治背景、bog childをめぐるファンタジーともいえる部分、
それらが複雑に絡みあう奥深い作品。
英語はそんなに難しい訳ではないが、時代背景やアイルランドに精通していないとちょっと厳しい部分があるかも。

ちなみに"Hunger"という北アイルランド紛争時のハンガーストライキの映画を観たことがきっかけでこの本を手にとった。
→監督はアカデミー賞作品賞を受賞した"12 Years a Slave" 邦題「それでも夜は明ける」のSteve McQueen。
(ちなみに私は個人的にはSteve McQueenときくとどうしても「荒野の七人」他が浮かんでしまいます・・・(^^; )

作者はSiobhan Dowd。この作品は死後に出版され、カーネギー賞受賞している。
がんで早逝したのが本当に惜しまれる。
"Monster Call"は彼女の生前のプロットを元にNessが執筆し、上梓された本。

・A Monster Calls: Inspired by an idea from Siobhan Dowd by Patrick Ness
http://www.amazon.co.jp/Monster-Calls-I ... okuorg-22/
こちらも一時期、タドキストの間で話題になったオススメ本!

・White Fur Flying by Patricia MacLachlan (
http://www.amazon.co.jp/White-Fur-Flyin ... okuorg-22/
おしゃべり会で紹介されたのを機に読んでみたら、やっぱりステキな本だった♪
表紙をみただけで癒されるが、お話もそんな感じ。
口のきけない少年と、犬の交流を描く。

・"My Health"シリーズ
http://www.amazon.com/s/ref=nb_sb_noss? ... .+alivin+s
多忙な生活の合間に、"My Health"シリーズを少しずつ読み進めている。
健康・病気について幅広く学べる。

・The Hobbit by J.R.R. Tolkien
http://www.amazon.co.jp/Hobbit-Movie-Ed ... okuorg-22/
映画の2作目が日本で公開されたのを機に読み始めた。
audibleを使って耳でも楽しんでおり、特に歌は音があるほうが楽しめると思う。
ちなみに映画、特に2作目はオリジナルのキャラやストーリーが満載で別物、という話に。

・Naples! #1 (Recipe for Adventure) by Giada De Laurentiis
http://www.amazon.co.jp/Naples-Recipe-A ... okuorg-22/
シリーズで現在4冊まで刊行。Paris、Hong Kong、New Orleansと続く。
Recipeとシリーズ名にある通り、1作品にその地で有名な食べ物がとりあげられ、レシピもついている。
また、その都市に突然、姉弟がある方法(←どんな方法かは読んでのお楽しみ(笑))で飛ばされるという設定。
ので、お料理と都市の様子と、一粒で二度美味しい作品!?

・One Came Home by Amy Timberlake
http://www.amazon.co.jp/One-Came-Home-A ... okuorg-22/
まだよみはじめたばかりなのだが、とても面白いのでご紹介。
1871年のアメリカが舞台。13歳のGeorgieが主人公。
ある日、突然失踪した姉のものと思われる死体が発見される。
この死体は本当に姉のものなのか。Georgieは一人、真相を追って旅に出る。

Edgar Allan Poe Award for Best Juvenile Novel受賞及びNewbery Medal Honors賞受賞作品。
紹介があまりにもうまく、あやうく全員でamazonに貢ぐところでした(笑)

・The Broken Window by Jeffery Deaver
http://www.amazon.co.jp/The-Broken-Wind ... okuorg-22/

・The Burning Wire by Jeffery Deaver
http://www.amazon.co.jp/The-Burning-Wir ... okuorg-22/

Lincoln Rhymeシリーズの8作目、9作目と続けて読んだ。
このシリーズの1巻目"The Bone Collector"(邦題)「ボーン・コレクター」 は
デンゼル・ワシントン、アンジェリーナ・ジョリーで映画化されたことでも有名。
単なるミステリーにとどまらず、登場人物が魅力的で、また巻ごとに扱うテーマが違っていて
深く掘りさげてそのテーマを追うため、さまざまな角度から楽しめる。

他にもMarvin RedpostやCobble Street Cousins、The Lord of the Rings等、お馴染みのシリーズがあがったり、
NHKで放映がはじまったDownton Abbeyの話しが出たり、Game of Thronesについて語ったり(←ドラマも本も)と
盛りだくさん過ぎたので、この辺りは割愛させて頂きます(^^;

最後にサイトのご紹介。
本のratingや感想・レビューを共有できるSNS。登録しなくても読むだけなら可能。スマホ用のアプリもある。
goodreads
https://www.goodreads.com/
amazonにもレビューはあるが、こちらのほうが数も多いし
Goodreads Choice Awards: The Best Books 2013というものがあったり、オススメ機能も充実している。
ひとしきり、皆でワイワイ楽しみました(^^)

次回は1か月と間をおかずに6月10日(火)の21時30分からです。
最後に編集したユーザー Ernie [ 2014年5月15日(木) 12:54 ], 累計 1 回

Show post links

Ernie
 
記事: 178
登録日時: 2011年10月21日(金) 23:01

Re: ブックトークのスカイプおしゃべり会開催のご案内

投稿記事by katobushi » 2014年5月14日(水) 18:43

Ernieさん!参加された皆さん!
お疲れ様でした!

今回はまた一段とログがすごいですね。。。
いつもありがとうございます!

Ernie さんが書きました:・One Came Home by Amy Timberlake
http://www.amazon.co.jp/One-Came-Home-A ... okuorg-22/
まだよみはじめたばかりなのだが、とても面白いのでご紹介。
1871年のアメリカが舞台。13歳のGeorgieが主人公。
ある日、突然失踪した姉のものと思われる死体が発見される。
この死体は本当に姉のものなのか。Georgieは一人、真相を追って旅に出る。

Edgar Allan Poe Award for Best Juvenile Novel受賞及びNewbery Medal Honors賞受賞作品。
紹介があまりにもうまく、あやうく全員でamazonに貢ぐところでした(笑)


買いました!音源と一緒に。
次回までの目標本にします!!
それだけです!ではまた!

ktb

Show post links

katobushi
 
記事: 1190
登録日時: 2012年8月02日(木) 16:53

Re: ブックトークのスカイプおしゃべり会開催のご案内

投稿記事by MIKI » 2014年5月14日(水) 21:39

Ernieさん、みなさん、昨夜も楽しかったですね♪
昨夜は珍しく最後までいられず、途中で落ちたのですが、
後ろ髪ひかれまくったのでかなり抜けたかもしれません(>_<)
私が落ちた後のログを見て、ああ、この話もあの話も
聞きたかったものばかり。ああ・・・ほんとに残念!

Ernieさん、いつものことながら、説明&リンク付きのログを
アップしてくださってありがとうございます。
今回は、読了本の報告がとても多いおしゃべり会でしたね。

Ernie さんが書きました:・Hitler's Daughter by Jackie French
「もし自分がHitlerの娘だったとしたら・・・。」

えっと・・・そうではなくて・・・
Annaという女の子が「Hitlerには実は娘がいた」という設定のお話をしたんです。
で、その話を聞いていたMarkという男の子が、
「もし自分の親がHitlerのようなことをしていたら、自分はどうすべきか?」
と自問自答したり、親や先生に意見を聞いてみたりするんです。

Ernie さんが書きました:次回は1か月と間をおかずに6月10日(火)の21時30分からです。

わかりました!次回は最後まで参加できそうです♪
今から楽しみです(^^)
では?!!

MIKI

Show post links

MIKI
 
記事: 314
登録日時: 2012年6月24日(日) 20:49
Pottermore username: MagicRose1561

Re: ブックトークのスカイプおしゃべり会開催のご案内

投稿記事by はねにゃんこ » 2014年5月14日(水) 22:07

こんにちは、はねにゃんこです。

昨夜のブックトークおしゃべり会もとっても楽しかったです。
Ernieさん、参加されたみなさん、ありがとうございました :yorokobashii:

お話聞きながら、次はこの本にしよう!とか、audibleチェックチェック!とか、そんなシリーズがあるんだ?!とか
わわ、その映画も観るぞー!とか、頭がフル回転します xd

こちらのありがたいログのおかげで、いつでも振り返ることができて本当に感謝です。
Ernieさん、いつもありがとうございます :heart2:

今から次回が楽しみです。
それではみなさま、Happy reading? :whistle:

Show post links

はねにゃんこ
 
記事: 96
登録日時: 2011年9月05日(月) 23:41

Re: ブックトークのスカイプおしゃべり会開催のご案内

投稿記事by Ernie » 2014年5月16日(金) 12:43

katobushiさん、(先日以来、ktbさんと書くとつい笑ってしまう(笑))、お疲れ様でした。

ログが凄いのではなく、皆さんの知識が凄いのです!
1冊の本に対して、別の本や著者や映画・ドラマへとどんどん話が広がっていく、それが凄いんですよ?!

さて、珍しくktbさんから反応が、と思ったら、目標本宣言だったという(笑)

はい、この本については、どの位の方が貢いだのか、私も興味があります。
大勢の方が読まれるようでしたら、スピンオフで、別途おしゃべり会を設定してもいいかもしれませんね(^-^)

頑張らない程度に頑張って読んで下さいね♪

Show post links

Ernie
 
記事: 178
登録日時: 2011年10月21日(金) 23:01

Re: ブックトークのスカイプおしゃべり会開催のご案内

投稿記事by Ernie » 2014年5月16日(金) 12:53

MIKIさん、先日は途中で抜けられて私も残念でした。
でも、お忙しい中、時間を割いて参加頂き、ありがとうございます(*^-^*)

1か月以上間があいたことと、連休等があったからでしょうか、
それともだんだん暖かくなって、多読熱もヒートアップしてる?のか分かりませんが
確かに、今回は読了済&現在進行形の本の紹介が多かったような気がします。

それから”Hitler's Daughter”の紹介が誤っていたようですみませんm(_ _)m
最近、メモをとる手がお留守になりがちで、更にこの本とナチス関係だけで30分近く盛り上がっていて
会終了後に、いざ書こうと思ったら、何だかすっかり分からなくなっていたのでした(^^;
補足、頂いてありがとうございます!

次回も参加できそうとのことで、嬉しいです♪
またよろしくお願い致します。

Show post links

Ernie
 
記事: 178
登録日時: 2011年10月21日(金) 23:01

Re: ブックトークのスカイプおしゃべり会開催のご案内

投稿記事by Ernie » 2014年5月16日(金) 13:03

はねにゃんこさん、先日は最後を飾ってくださってありがとうございました♪

本も魅力的なのだと思いますが
なんといってもはねにゃんこさんの紹介が本当に見事で、全員、魔法にかかってしまったようです(^-^)
AMINO酸の次ははねにゃんこマジックですね(笑)

ログについては、最近、どうもメモをとる手がお留守になりがちで、あまりにも何も書いていなくて
終了してから、さて、どうしよう、と思うことが増えてきているので(^^;
そんな中、ログを楽しみにしている、という声を聞くと、やっぱりもう少し頑張ってみよう、と思えます。
ありがとうございました。

私もようやく復活しました!ので、指輪の旅は途中で切り上げて
はねさんマジックで引き寄せられた本を読むか、嫌?な人間達の中に舞い戻るか(苦笑)
お馴染みのキャラクター達に会いにDeaverに手を出すか、しようと思います。
読みたい本が多すぎて困る、って幸せですよね?♪

次回もご都合がついたら、是非参加して、マジックを披露して下さるのを楽しみにしています(*^-^*)

Show post links

Ernie
 
記事: 178
登録日時: 2011年10月21日(金) 23:01

1つ前へ次へ

Return to Skypeおしゃべり会

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[0人]