たどくらぶ 開催のお知らせと報告

オフ会の告知、報告はこちらにどうぞ?
フォーラムルール
ここはオフ会、行事、イベントのお知らせ、報告用のフォーラムです。

Re: たどくらぶ 開催のお知らせと報告

投稿記事by ms.mikan » 2020年10月14日(水) 15:24

ms.mikanです。
私はSKELLIG written by David AlmondのB.T.をしました。

数か月前のスカイプおしゃべり会でもB.T.したのですが、同じ物を2度すると、前より考えがまとまって、B.T.も少し改善するようなきがします。
この本は「たどくらぶ」でも人気の本で、すでにたくさんの人が読んでいます。
引っ越した古い家のおんぼろ物置に、Michael少年が不思議な男を見つけます。
死にそうな男は背中に翼がありました。人間か他の生き物か??Michaelと隣の不思議な少女Minaの二人で、密かにこの男を介抱します。
題名のSKELLIGはこの男の名前です。
一方、Michaelの生まれたばかりの妹は、早産ゆえに心臓に問題があり、生死をさまよっています。
この二つの話が、同時進行的に進んでいきます。
現実にはあり得ないmysterious, fanatasticなシーンがいろいろありますが、話に引き込まれていくと、違和感なくうけとめられて、自分の頭の中にそれらのシーンが浮かんできます。妹の看護に必死の両親に、寂しさも感じつつ、妹の命が続くことをひたすら願う少年。
男を介抱していく過程で、少しずつ成長していきます。
後味のいい、すごくいい本でした。
半年くらい前に、「たどくらぶ」でktb-sanが紹介してくれた、イギリスの世界遺産にもなっている”Skellig Michael"という孤島をyoutubeでみたのも思い出しました。きっと、作者もこの島からinspireされたのじゃないかな???
以上です。

********************************************************************************
次回の 『たどくらぶ』 は、11月8日(日)13:30~ です。
多読を楽しんでいる人なら、どなたでも参加できます。
お申し込みは下記よりどうぞ。
https://tadoku.org/english/tadokulove
********************************************************************************

Show post links

ms.mikan
 
記事: 207
登録日時: 2014年5月16日(金) 13:37

Re: たどくらぶ 開催のお知らせと報告

投稿記事by Owly » 2020年10月17日(土) 02:43

Owlyです。

大長編の報告が、一瞬のクリックで消えてしまいました。涙...

気力が戻ったらまた書きます。

Show post links

Owly
 
記事: 129
登録日時: 2011年9月08日(木) 00:37

Re: たどくらぶ 開催のお知らせと報告

投稿記事by さかい@tadoku.org » 2020年10月18日(日) 19:48

:kanashii: :kanashii: :kanashii: :kanashii: :kanashii:

:heart2: :heart2: :heart2: :heart2: :heart2: :heart2:

Show post links

アバター
さかい@tadoku.org
 
記事: 4024
登録日時: 2010年12月13日(月) 23:19
お住まい: Tachikawa-shi, Tokyo, Japan
Pottermore username: QuillStrike149

Re: たどくらぶ 開催のお知らせと報告

投稿記事by pom » 2020年10月23日(金) 08:47

報告が遅くなりました。

私は、アメリカ合衆国建国の英雄ワシントンと入れ歯の話をしました。

ワシントンは若いころから歯が弱く28歳のころから部分入れ歯をし、やがて総入れ歯になりました。次々作られた入れ歯の材料には、木や動物の歯とともに人間の歯も使われました。ワシントンの所有していた奴隷の歯も使われていたのです。

私は
The Secret Lives of the Nine Negro Teeth of George Washington
という短編を読んでこのことを知りました。
この短編はノンフィクションではなく、ワシントンの入れ歯にされてしまった人たちのことをそれぞれ幻想的に描いています。

この短編はこちらから全文が読めます。
https://firesidefiction.com/the-secret- ... washington

pom


********************************************************************************
次回の 『たどくらぶ』 は、11月8日(日)13:30~ です。
多読を楽しんでいる人なら、どなたでも参加できます。
お申し込みは下記よりどうぞ。
https://tadoku.org/english/tadokulove
********************************************************************************

Show post links

pom
 
記事: 266
登録日時: 2014年11月22日(土) 06:05

たどくらぶ 開催のお知らせと報告

投稿記事by pom » 2020年10月25日(日) 08:28

こんにちは。
11月のたどくらぶ開催のお知らせです。

■11月8日(日)13:30〜

たどくらぶはオンライン参加もできます。
「Zoom」を使って事務所とオンラインの参加者をつないで開催します。
どうぞふるってご参加ください。お待ちしています!

詳細とお申し込みは下記よりどうぞ。
https://tadoku.org/english/tadokulove/


  :star2: :star2: :star2: :star2: :star2: :star2: :star2: :star2:


『たどくらぶ』 は
仲間と一緒に Tadoku を楽しみたい人の集まりです!

 読み聞かせをしたり…
 好きな本を紹介したり…
 自分のプロジェクトを発表したり…

それぞれが、思い思いに Tadoku を楽しんでいます。

Tadoku をされている方なら 「誰でも」 ご参加いただけます。
多読歴や「英語力」は問いません。
手ぶらでのお気楽参加も歓迎します。
仲間の話を聞いているだけでも楽しい!はずです!
はじめての方も気軽に遊びに来てください。
オンラインでも参加できます。
お待ちしています!

==========================================================
◇日時: 11月8日(日)13:30~15:30頃 (遅刻早退可、適宜延長あり)
◇会場: NPO多言語多読/Zoomでのオンライン参加
http://tadoku.org/about/address
◇参加費:
正会員・準会員 700円
賛助会員・一般 1,000円
オンライン参加 500円
多読講座受講生 初回無料

◆お申し込み
https://tadoku.org/english/tadokulove/
==========================================================

pom

Show post links

pom
 
記事: 266
登録日時: 2014年11月22日(土) 06:05

Re: たどくらぶ 開催のお知らせと報告

投稿記事by RuiRui » 2020年11月02日(月) 14:17

こんにちは、RuiRuiです。
今月のたどくらぶで紹介するマザーグースは、これです。

See-saw, Margery Daw,
Jacky shall have a new master;
Jacky shall have but a penny a day,
Because he can’t work any faster.

It's a common version of the lyric.
As with many rhymes, there are slightly different versions.
The boy's name mentioned sometimes varies among “Johnny”, “Jack”, or “Jackie”.

There are also many varieties of the tune.
I like the following one:




Originally this rhyme was sung by sawyers to keep the rhythm of the two-handled saw. (17th century)
Later it has been sung by children when playing on the see-saw or holding each other's hands.
If you have a small child around you, this is one of the ways of playing:



What a fun!


I’ve found two other see-saw rhymes starting with the same line in THE OXFORD DICTIONARY OF NURSERY RHYMES.

See-saw, Margery Daw,
Sold her bed and lay upon straw;
Was not she a dirty slut
To sell her bed and lie in the dirt.

(The name “Margery” was used by poor country people in the 18th and 19th centuries. “Daw” meant an untidy person.)


See-saw, Margery Daw,
The old hen flew over the malt house;
She counted her chickens one by one,
Still she missed the little white one,
And this is it, this is it, this is it.

(This is a toe rhyme. Let’s tickle the child's toes.)


See you at たどくらぶ.
RuiRui

********************************************************************************
次回の 『たどくらぶ』 は、11月8日(日)13:30~ です。
多読を楽しんでいる人なら、どなたでも参加できます。
お申し込みは下記よりどうぞ。
https://tadoku.org/english/tadokulove
********************************************************************************

Show post links

RuiRui
 
記事: 221
登録日時: 2015年10月02日(金) 15:39

Re: たどくらぶ 開催のお知らせと報告

投稿記事by pom » 2020年11月08日(日) 17:02

こんにちは。pomです。
11月8日(日)の 『たどくらぶ』 の報告です。
参加者は事務所7人(内ゲスト1人)、Zoom1人の合計8人でした!

私は、Magic Tree House のResearch Guideの紹介をしました。
私が読んでみたのは、Mummies and Pyramidsです。



やさしい英語で書かれたエジプトについての本でも、ミイラやピラミッド以外のことが書かれているものは意外に少ないようです。
この本は、古代エジプトの地理や生活、神様から墓どろぼうのことまで、全般的に紹介されていてバランスがいいです。 
Magic Tree Houseはワンパターンでつまらないと思った人でも、もう少し詳しいResearchGuideは楽しく読めそうだと思いました。

pom


*******************************************************************************
次回の 『たどくらぶ』 は、12月13日(日)13:30~ です。
多読を楽しんでいる人なら、どなたでも参加できます。
お申し込みは下記よりどうぞ。
https://tadoku.org/english/tadokulove
********************************************************************************

Show post links

pom
 
記事: 266
登録日時: 2014年11月22日(土) 06:05

Re: たどくらぶ 開催のお知らせと報告

投稿記事by ms.mikan » 2020年11月11日(水) 14:47

ms.mikanです。
"I Believe in Unicorns" written by Michael Morpurgoを紹介しました。
8歳の少年Tomasは、学校も本もお話しも大嫌い。ある日、母親に無理やりつれていかれた図書館で、大きい白い木製のユニコーンをみてビックリ。そのそばで子供達はlibrarianのお話しを聞きます。はじめは躊躇していた少年ですが、お話しに引き込まれていきます。
それ以来、本が好きになり、図書館にも足しげく通うようになります。しかし、戦争が起こり、小さな山間の村にも爆弾が落とされるようになり・・・・というお話しです。
librarianの話は「ノアの箱舟」の話でした。そこにもユニコーンが登場します。彼女のread aloudが実にうまいのです。ソフトな優しい話し方で、子供の心を引き付けていきます。私も彼女のようにR.A.がうまくなれたらなぁ・・・つくづく思いました。
この本には、Morpurgo自身がR.A.したCDもついています。彼の朗読も、穏やかでソフトな語り口で、すごくよかったです。
おぼろげに覚えていた「ノアの箱舟」の本を読み直してみたり、Morpurgo 自身のサイトをチェックしてみたり、ユニコーンの伝説を調べてみたり・・・一冊の本からいろいろ興味がわいてくるのが、本を読む楽しさだと実感しました。
ms.mikan

*******************************************************************************
次回の 『たどくらぶ』 は、12月13日(日)13:30~ です。
多読を楽しんでいる人なら、どなたでも参加できます。
お申し込みは下記よりどうぞ。
https://tadoku.org/english/tadokulove
********************************************************************************

Show post links

ms.mikan
 
記事: 207
登録日時: 2014年5月16日(金) 13:37

Re: たどくらぶ 開催のお知らせと報告

投稿記事by katobushi » 2020年11月13日(金) 16:41

こんにちは、katobushiです。

僕は、Anthony McGowan の The Truth of Things シリーズの4作目、Lark を紹介しました。



my book-talk was like...

i finished the book at last.
its a good read.
the best i had this year.
it took long though.
ive been busy.
...or lazy.

Lark is the fourth and the last in the series.
the story is about brothers, Nicky and Kenny, living in Yorkshire, UK.
Nicky is a carer of Kenny, who has learning difficulty.

in the first three of the series,
the brothers were in a tough situation.
their mother left when they were little.
their father lost his job and got in trouble.
so the brothers needed to help each other to survive.

in the fourth book, Lark,
the circumstance got much better...

their mother, turned out she lives in Canada at the moment,
was going to come to see them.
Nicky and Kenny were quite excited,
and a bit nervous of caurse,
because it would be the first time to see her in years.

to calm them down,
dad suggested that Nicky and Kenny have a walk to moors on their own...


what i like in the series is the relationship between brothers.
they take care of each other, heal each other.
its warm, beautiful, something that we need in the time of colona...

and THE ENDING IS SUPER!
dokugokan saikou!

ktb


*******************************************************************************
次回の 『たどくらぶ』 は、12月13日(日)13:30~ です。
多読を楽しんでいる人なら、どなたでも参加できます。
お申し込みは下記よりどうぞ。
https://tadoku.org/english/tadokulove
********************************************************************************

Show post links

katobushi
 
記事: 1336
登録日時: 2012年8月02日(木) 16:53

Re: たどくらぶ 開催のお知らせと報告

投稿記事by みや » 2020年11月29日(日) 17:32

こんにちは、みやです。
私は、Uri ShulevitzのHow I Learned Geographyという絵本を紹介しました。

私が大好きな絵本のひとつに、ShulevitzのSnow があります。
家の近くの図書館でShulevitzの作品をみつけて手に取りました。これがその本です。

さて、世界には、素晴らしい絵本作家がたくさんいますが、そうした絵本作家の中には、戦禍の中、国を追われて世界をさまよったという経験を持つ人がたくさんいることを、みなさんご存じでしょうか。ちょっと思い浮かべただけでも、ORTのイラストを描いているAlex Brychta、『QURIOUS GEOGE』の作者のRey夫妻,『Tiger Who Came to Tea』のJudith Karr など・・・。彼らの苦痛に満ちた体験が、きわめて明るく温かい絵本を創る源となったことは極めて感慨深いものがあります。


実は、Shulevitzもそういう作家のひとりなのです。そして、この本は、まさに彼のそうした子ども時代のエピソードが描かれたものです。Shulevitzはポーランドのワルシャワで生まれますが、彼が4歳のときに第二次世界大戦が勃発。ユダヤ人の一家は祖国を離れ、ある国で別の家族と小さな家を別の家族とシェアしながら暮らし始めます。食べるものに事欠く毎日を送る中。ある日、お父さんが、「ほんの少しばかりの食べ物を買うお金しかなかったから」と、大きな地図を買って帰ってきました。ひもじい男の子は、そんなお父さんのことを決して許すことができないと思うのですが・・・。
この先は、Shulevitzの絵とそれに添えられたシンプルな言葉が描く少年の心の夢の情景を、ぜひご自身で味わっていただきたいと思います。

Shulevitzの本、もっといろいろと読んでみたいと思います。

みや

*******************************************************************************
次回の 『たどくらぶ』 は、12月13日(日)13:30~ です。
多読を楽しんでいる人なら、どなたでも参加できます。
お申し込みは下記よりどうぞ。
https://tadoku.org/english/tadokulove
********************************************************************************

Show post links

みや
 
記事: 91
登録日時: 2014年6月21日(土) 21:50

1つ前へ次へ

Return to オフ会

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]

cron