第35回『たどくらぶ』 7月14日(日) 開催のお知らせ!!

オフ会の告知、報告はこちらにどうぞ?
フォーラムルール
ここはオフ会、行事、イベントのお知らせ、報告用のフォーラムです。

第35回『たどくらぶ』 7月14日(日) 開催のお知らせ!!

投稿記事by ms.mikan » 2019年6月30日(日) 15:44

こんにちは、ms.mikanです。

7月14日(日) 『たどくらぶ』 開催のお知らせです。

『たどくらぶ』 は
仲間と一緒に Tadoku を楽しみたい人の集まりです!

 読み聞かせをしたり…
 好きな本を紹介したり…
 自分のプロジェクトを発表したり…

それぞれが、思い思いに Tadoku を楽しんでいます。

Tadoku をされている方なら 「誰でも」 ご参加いただけます。
多読歴や「英語力」は問いません。
手ぶらでのお気楽参加も歓迎します。
仲間の話を聞いているだけでも楽しい!はずです!
はじめての方も気軽に遊びに来てください。
お待ちしています!

これまでの活動の様子を知りたい方はこちらをご覧ください。
http://tadoku.org/blog/blog/category/tadokulove

==========================================================
◇日時: 7月14日(日)13:30~16:30頃 (遅刻早退可)
◇会場: NPO多言語多読
http://tadoku.org/about/address
◇参加費:
NPO多言語多読 正会員・準会員 700円、賛助会員・非会員 1,000円

◆お申し込み
このトピックに返信するか、下記よりお申し込みください。
https://tadoku.org/english/tadokulove/
==========================================================

Show post links

ms.mikan
 
記事: 185
登録日時: 2014年5月16日(金) 13:37

Re: 第35回『たどくらぶ』 7月14日(日) 開催のお知らせ!!

投稿記事by RuiRui » 2019年7月08日(月) 16:15

RuiRuiです。
今月のマザーグースはこれにしました。

"Mary, Mary, quite contrary"

Mary, Mary, quite contrary,
How does your garden grow?
With silver bells and cockle shells,
And pretty maids all in a row.




Many people have suggested who is refered to by "Mary".
Some believe that "Mary" should be Queen Mary I of England (Bloody Mary),
some believe she should be Queen Mary of Scottland,
while some believe she should be Mary, the mother of Jesus.

I'm now reading "The Secret Garden" (by Frances Burnett).
In chapter 2, this rhyme appears with slightly different words as below:

Mistress Mary, quite contrary,
How does your garden grow?
With silver bells, and cockle shells,
And marigolds all in a row.

I'm hooked by this book.
How will Mary, the main character, change?
And how will her secret garden grow?

RuiRui


==========================================================
7月14日たどくらぶへ参加ご希望のかたは、
このトピックに返信するか、下記よりお申し込みください。
https://tadoku.org/english/tadokulove/
==========================================================

Show post links

RuiRui
 
記事: 200
登録日時: 2015年10月02日(金) 15:39

Re: 第35回『たどくらぶ』 7月14日(日) 開催のお知らせ!!

投稿記事by Owly » 2019年7月13日(土) 06:14

Owlyです。

参加表明遅くなりましたが、今月も伺いたいと思います。
少し遅れる可能性がありますが、よろしくお願いします。

Show post links

Owly
 
記事: 124
登録日時: 2011年9月08日(木) 00:37

Re: 第35回『たどくらぶ』 7月14日(日) 開催のお知らせ!!

投稿記事by ms.mikan » 2019年7月13日(土) 09:56

Owly-san,
参加表明ありがとうございました。
もちろん、大歓迎です。
お待ちしています。

ms.mikan

Show post links

ms.mikan
 
記事: 185
登録日時: 2014年5月16日(金) 13:37

Re: 第35回『たどくらぶ』 7月14日(日) 開催のお知らせ!!

投稿記事by ms.mikan » 2019年7月15日(月) 16:26

こんにちは、ms.mikanです。
7月14日(日)の 『たどくらぶ』 の報告です。
参加者は全部で9人でした!
いつも通り、B.T.ありR.A.ありの賑やかな楽しい時間でした。
紀伊国屋の洋書セールの話題でも盛り上がりました。

私はCORAM BOYのB.T.をしました。

この本のB.T.は、「たどくらぶ」で3回連続しています。
それほど、この本は仲間うちで人気の本となっています。
18世紀のイギリスの暗部が描かれています。
捨て子や望まれないで生まれた子達の悲惨な姿、それを金もうけに利用する悪い男、若者の純粋な愛、家族のきずな、友情・・・
いろんな要素が織り込まれた話です。そして、そのバックグラウンドにはボーイソプラノの美しい歌声が響きわたります。
私にとっては、知らない単語もいっぱいあって、1ページまるごと飛ばし読みするようなところもありましたが、描写の美しさに引き込まれて、後半は一気に読み進んでいきました。
読書会みたいに、同じ本を話題におしゃべりしていくのも、たのしいですね。
そして、再び、他の人のお薦めの本を借りまくる私でした。

なお、8月の「たどくらぶ」はお休みです。次回は9月8日です。
夏休みもenjoy reading!

ms.mikan


********************************************************************************
次回の 『たどくらぶ』 は、9月8日(日)13:30~ です。
参加のお申し込みは下記よりどうぞ。
https://tadoku.org/english/tadokulove
********************************************************************************

Show post links

ms.mikan
 
記事: 185
登録日時: 2014年5月16日(金) 13:37

Re: 第35回『たどくらぶ』 7月14日(日) 開催のお知らせ!!

投稿記事by Owly » 2019年7月16日(火) 02:14

Owlyです。

ktbさんと有志数人で始めた、カーネギー賞の受賞本を読んで行こうという、緩いチャレンジ。
とりあえず、勝手に「メダル本チャレンジ」と呼ぶことにしました。

一冊目は2018年の受賞作”Where the World Ends" by Geraldine McCaughrean



スコットランドのアウターヘブリディーズの島々より更に西に位置するSt Kilda archipelago、まさに絶海の孤島 。その1727年のSt Kildaで実際にあった話から着想を得て書かれたそうです。夏の間、海鳥を採りに出かけた小島に、来るはずの迎えの船が来ないまま取り残された、3人の大人と9人の少年たちのサバイバルの物語。ktbさんの報告もあると思うので、ここでは詳しく書きません。

ただ話の中でかなり象徴的に何度も出てきた歌 "The Water is Wide" 、私にはとても馴染みの深い歌だったので、ちょっとうれしい驚きでした。色んな人が歌っていますが、ここで紹介するのは、アイルランド出身のモーラ・オコンネルが飛びっきり情感たっぷりに歌い上げたものです。実は私この歌手モーラ・オコンネルが好きで、アイルランド音楽にのめり込み始めた頃はよく聴いてました...とどんどん話がずれるのでこの辺で。



音楽ついでにもう一つ。St Kilda Weddingという伝統曲がありまして、しかもそれがアルバムタイトルになっているのが、Ossianというスコットランドのバンド


アルバム全部も聴けますが、最初の曲がそれです。
本当はもっと書きたいけど、ネタバレになりそうなので止めます。


そして2冊目は、某洋書セールでたまたま見つけた2016年のカーネギー賞本、"One" by Sarah Crossan
ドンピシャのタイミングでしたね。


433ページありますが、一見すると詩のような、短く文章や言葉を区切って書かれた独特な文体なので、実際の語数は少なく、ほぼ一晩で読めました。
conjoined twins、結合性双生児の姉妹が主人公の物語です。
この作者は以前一冊読んだことがあったのですが、この本に関しては全く予備知識無しで、それがかえってよかった。
下手に知っていたら、キワモノに思えて手を出さなかったかも知れません。

ずっと自宅で勉強を受けていたのが、16歳で初めて学校に通うことになります。”Wonder"と似たような始まりです。
頭や腕、胴体はそれぞれあるのに、腰から下は一組の脚と足。これはキビシイ。かなり切ないです。

一部追加情報ありですが、以上が今月のたどくらぶでのネタでした。

”Coram Boy”を皆さん気に入ってくれて、紹介者冥利に尽きるOwlyでした。

Show post links

Owly
 
記事: 124
登録日時: 2011年9月08日(木) 00:37

Re: 第35回『たどくらぶ』 7月14日(日) 開催のお知らせ!!

投稿記事by katobushi » 2019年7月17日(水) 01:24

ktbです。

Owlyさんから Where the world ends の話を引き継ぎます!



この本は、ktbには難しかった!
今まで読んだ本の中で一番読みにくかった!!

でもおもしろかった!
たどくらぶのときにも話してたのですが、
知らない世界の事を知るって、ホントにおもしろい。

まず場所です。St. Kilda ってどこやねん!?
グーグルマップで位置を調べて、さらに画像検索で風景も調べて、
さらに Youtube でも、せっせと島の様子やら、上陸の仕方やら・・・





おかげで、すっごい飛ばして読んでいるのに、
頭の中には風景が広がって、波しぶきの音や鳥の鳴き声や、
洞窟のじめっとした感じや、汚れた体や服のにおいや、岩の冷たさや、
Owlyさんが上に貼ってくれた歌やらがいい感じに浮かんでいて、
どんどん物語に入っていける !

ほいでまたこの作家さんがうまいのです!
要するに小さな島でサバイブするという設定だから(ほぼ実話ですが)、
ほとんど半径300m以内くらいの出来事なんです。
しかも、大事な出来事は、え!?ってなるくらい
ことごとくあっさり描かれているのに、なんだかぐいぐい引き込まれて、
気付いたら300ページ以上読んでいた。

ああ!充実した読書でした!!
僕のつたなすぎるブックトークでは何も伝わってないと思うので :aserimasu:
ぜひ読んでください!

次は、「メダル本チャレンジ」はちょっとお休みして、
RuiRuiさんにオススメしてもらった A Traveller in Time を読みます。

********************************************************************************
次回の 『たどくらぶ』 は、9月8日(日)13:30~ です。
参加のお申し込みは下記よりどうぞ。
https://tadoku.org/english/tadokulove
********************************************************************************

Show post links

katobushi
 
記事: 1161
登録日時: 2012年8月02日(木) 16:53

Re: 第35回『たどくらぶ』 7月14日(日) 開催のお知らせ!!

投稿記事by RuiRui » 2019年7月18日(木) 14:06

RuiRuiです。

今回のマザーグースは
Mary, Mary, quite contrary

The Secret Gardenの中には、このマザーグースが2回出てきます。
バジルがこの唄を歌ってメアリをいじめている場面と、
メアリとディコンが秘密の花園に入って、種をまいている場面。


英語交じりでブックトークしながら
これらの部分をみなさんに紹介しました。

実は今までThe Secret Gardenを日本語でも読んだことがありませんでした。
小さいとき本好きではなかったので、
いわゆる名作児童文学も読んだことがないものがたくさん。
でもこの年になって、原作のまま味わうことができて幸せかな。
Tom's Midnight Garden
The Children of Green Knowe
Swallows and Amazons などなど

まだまだ果てしない楽しみが広がっているかと思うとわくわくします。

********************************************************************************
次回の 『たどくらぶ』 は、9月8日(日)13:30~ です。
参加のお申し込みは下記よりどうぞ。
https://tadoku.org/english/tadokulove
********************************************************************************

Show post links

RuiRui
 
記事: 200
登録日時: 2015年10月02日(金) 15:39


Return to オフ会

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]