たどくらぶ 開催のお知らせと報告

オフ会の告知、報告はこちらにどうぞ?
フォーラムルール
ここはオフ会、行事、イベントのお知らせ、報告用のフォーラムです。

Re: たどくらぶ 開催のお知らせと報告

投稿記事by RuiRui » 2022年10月05日(水) 17:30

こんにちは、RuiRuiです。
今月のたどくらぶで紹介するマザーグースのはなしです。

As everyone knows, Queen Elizabeth II passed away on 8 September at 96.
And the State Funeral was held in accordance with the detailed funeral plan which was created as early as 1960s and revised many times since.
The plan was called “Operation London Bridge”, and the code phrase used to convey the first news of her death was “London Bridge is down.”

So, this month’s mother goose is “London Bridge is broken down” (or more common title “London Bridge is falling down”).

This nursery rhyme is one of the best known children’s songs in English language.
Small children in Japan sing it (or its Japanese version) while playing the arch game.

Most of Japanese are familiar with only the first stanza, I think.
Very long actually, having 12 stanzas!


London Bridge is broken down,
Broken down, broken down,
London Bridge is broken down,
My fair lady.

Build it up with wood and clay,
Wood and clay, wood and clay,
Build it up with wood and clay,
My fair lady.

Wood and clay will wash away,
(repetition)

Build it up with bricks and mortar,
(repetition)

Bricks and mortar will not stay,
(repetition)

Build it up with iron and steel,
(repetition)

Iron and steel will bend and bow,
(repetition)

Build it up with silver and gold,
(repetition)

Silver and gold will be stolen away,
(repetition)

Set a man to watch all night,
(repetition)

Suppose the man should fall asleep,
(repetition)

Give him a pipe to smoke all night,
(repetition)


(London Bridge is falling down song)



The lyrics were first printed in the oldest collection of nursery rhymes “Tommy Thumb’s Pretty Song Book” (1744) and became popular.
The words were different from the modern version.
They have changed over the years as in many other traditional rhymes.


(The original text in Tommy Thumb’s book)
London Bridge is broken down,
Dance over my Lady Lee;
London Bridge is broken down,
With a gay lady.

How shall we build it up again,
Dance over my Lady Lee,
How shall we build it up again,
With a gay lady.

(continue to the 9th stanza)

As you might probably guess, it was a dance song.
People danced along to it until 1820s.
The original melody was quite different from today’s one as well.
Today’s melody and the children’s arch game appeared first in the USA in the 1880s.


London Bridge itself has a long history.
Built, broken, burnt and rebuilt again and again like in the rhyme.

(London Bridge: A journey through time)



The Medieval London Bridge (the first stone bridge)
1209 ~ 1831
Survived for 600 years!
Many houses and shops (about 130) built on the bridge.

The new London Bridge (the second stone bridge)
1831 ~ 1972
(An American estate developer bought this London Bridge!
The bridge was taken apart stone by stone, transferred to the USA, and then reconstructed in Arizona.)

The modern London Bridge (concrete)
1973 ~ present

(Disney’s film “The truth about mother goose (1957)”



Now there are more than 10 bridges over the Thames in London.
London Bridge had been the only one until Westminster Bridge was constructed in 1750, though.
So vital for the Londoners!


See you at たどくらぶ.
RuiRui

=========================================================
◇日時: 10月9日(日)13:30~15:30頃 (遅刻早退可、適宜延長あり)
◇会場: NPO多言語多読/Zoomでのオンライン参加
http://tadoku.org/about/address
◇参加費:
正会員・準会員 700円
賛助会員・一般 1,000円
オンライン参加 500円
多読講座受講生 初回無料

◆お申し込み
https://tadoku.org/english/tadokulove/
==========================================================

Show post links

RuiRui
 
記事: 268
登録日時: 2015年10月02日(金) 15:39

Re: たどくらぶ 開催のお知らせと報告

投稿記事by katobushi » 2022年10月11日(火) 10:58

こんにちは、Katobushiです。
10月9日のたどくらぶの報告です。 
今回の参加者は6名(事務所5名、オンライン1名)でした。

先月取り掛かったA kestrel for a knave をまだ読んでいるという報告をしました。
古い本なのと、時代背景が微妙に想像できず読みにくくはありますが、
例によって、youtubeで映画版のクリップを見て、ふむふむと風景の確認をしたりなんかして、楽しんでいます。
あと40ページ弱なので次回は報告できそう・・・



ktb


********************************************************************************
次回の 『たどくらぶ』 は、11月13日(日)13:30~ です。
参加のお申し込みは下記よりどうぞ。
https://tadoku.org/english/tadokulove
********************************************************************************

Show post links

katobushi
 
記事: 1630
登録日時: 2012年8月02日(木) 16:53

Re: たどくらぶ 開催のお知らせと報告

投稿記事by みや » 2022年10月14日(金) 16:50

こんにちは。みやです。
私は、久しぶりで絵本の読み聞かせをしました。と言っても、この本には、ほとんど言葉はありません。
絵本のタイトルは“Wait”。家の近所の図書館で見つけた本です。


小さな男の子がお母さんと一緒にお出かけするときの様子が描かれた本ですが、道すがら、2人は、同じ単語のやりとりを繰り返すだけ。どこの国でもママとチビちゃんのやり取りはいっしょなんですね。
でも、ラストシーンだけ、ちょっと違う。果たして、上手に絵を”見せることができたでしょうか?

Miya

Show post links

みや
 
記事: 111
登録日時: 2014年6月21日(土) 21:50

Re: たどくらぶ 開催のお知らせと報告

投稿記事by みや » 2022年10月30日(日) 21:21

こんにちは。みやです。
11月のたどくらぶ開催のお知らせです。

■11月13日(日)13:30〜

たどくらぶはオンライン参加もできます。
「Zoom」を使って事務所とオンラインの参加者をつないで開催します。
どうぞふるってご参加ください。お待ちしています!

詳細とお申し込みは下記よりどうぞ。
https://tadoku.org/english/tadokulove/


『たどくらぶ』 は
仲間と一緒に Tadoku を楽しみたい人の集まりです!

 読み聞かせをしたり…
 好きな本を紹介したり…
 自分のプロジェクトを発表したり…

それぞれが、思い思いに Tadoku を楽しんでいます。

Tadoku をされている方なら 「誰でも」 ご参加いただけます。
多読歴や「英語力」は問いません。
手ぶらでのお気楽参加も歓迎します。
仲間の話を聞いているだけでも楽しい!はずです!
はじめての方も気軽に遊びに来てください。
オンラインでも参加できます。
お待ちしています!

=========================================================
◇日時: 11月13日(日)13:30~15:30頃 (遅刻早退可、適宜延長あり)
◇会場: NPO多言語多読/Zoomでのオンライン参加
http://tadoku.org/about/address
◇参加費:
正会員・準会員 700円
賛助会員・一般 1,000円
オンライン参加 500円
多読講座受講生 初回無料

◆お申し込み
https://tadoku.org/english/tadokulove/
==========================================================

みや
________________________________________

Show post links

みや
 
記事: 111
登録日時: 2014年6月21日(土) 21:50

Re: たどくらぶ 開催のお知らせと報告

投稿記事by RuiRui » 2022年11月08日(火) 17:54

こんにちは、RuiRuiです。
毎月1つずつマザーグースを紹介しています。

このところ2ヶ月続けてロンドンの地名に関わるものを紹介しました。
St. Paul's CathedralとLondon Bridge。
楽しんでいただけましたか?

今月もまたロンドンのある地名が出てきます。
イギリス17世紀の歴史にからんだマザーグースです。
History lovers さん、もし間違ったことを書いていたら教えてくださいね。


This month I’ll talk about some rhymes about “Charing Cross” and “Whitehall.”
The places are in the center part of London and important in the British history.
You probably learned at school about the Civil Wars (or the Puritan Revolution), the execution of King Charles I (1649), the Commonwealth (1653 – 1659) and the Restoration (1660),


The first nursery rhyme is this:

As I was going by Charing Cross,
I saw a black man upon a black horse;
They told me it was King Charles the First-
Oh dear, my heart was ready to burst!

(YouTube: King Charles Statue)



I guessed it was about a ghost of King Charles I (reign; 1625 – 1649) because he was beheaded near Charing Cross.
No.
It refers to the statue of King Charles I which stands at Charing Cross.
London’s oldest bronze statue having an interesting story like this;

The statue was commissioned in 1633 by Charles’s Lord Treasurer for his garden in South London.
After the execution of King Charles I, the statue was ordered to be broken by the Parliament.
A metalsmith in Covent Garden bought it.
He was supposed to melt it down, but he secretly kept it hidden.
After the Restoration (1660) the statue was discovered and purchased by the king’s son, King Charles II.
In 1675 it was erected at Charing Cross.

The statue is facing down Whitehall towards his execution place, Banqueting House.


The second nursery rhyme is so horrible.
Are you ready?

King Charles the First walked and talked
Half an hour after his head cut off.


(YouTube: Off with his head)




The last nursery rhyme is a riddle.

Purple, yellow, red, and green,
The king cannot reach it, nor yet the queen;
Nor can Old Noll, whose power’s so great:
Tell me this riddle while I count eight.

(Solution: a rainbow)

According to THE OXFORD DICTIONARY OF NURSERY RHYMES,
“Old Noll” was the Royalists’ nickname for Oliver Cromwell.
King Charles I and the queen are mentioned here in the present tense, so it seems that he was not executed yet (Jan. 1649.)
The Royalists didn’t consider Cromwell a figure of power compared to the king until Cromwell began to represent the Army (June 1647.)
So it seems reasonable to guess this rhyme was composed in 1648.


See you soon hopefully at たどくらぶ.
RuiRui

=========================================================
◇日時: 11月13日(日)13:30~15:30頃 (遅刻早退可、適宜延長あり)
◇会場: NPO多言語多読/Zoomでのオンライン参加
http://tadoku.org/about/address
◇参加費:
正会員・準会員 700円
賛助会員・一般 1,000円
オンライン参加 500円
多読講座受講生 初回無料

◆お申し込み
https://tadoku.org/english/tadokulove/
==========================================================

Show post links

RuiRui
 
記事: 268
登録日時: 2015年10月02日(金) 15:39

Re: たどくらぶ 開催のお知らせと報告

投稿記事by みや » 2022年11月18日(金) 11:36

こんにちは。みやです。
11月13日の「たどくらぶ」の報告です。
今回の参加者は、8名(事務所7名、オンライン1名)でした。
今回は、嬉しいことに、NPO の英語多読講座に長らく参加している受講生が1名、ゲスト参加してくれました。「たどくらぶ」のメンバーに紹介された本を読んで、またブックトークにいらしてくれたら嬉しいです。
今月のMother Gooseは、歴史絡みのものばかり。最近すっかりイギリス史に嵌っているたどくらぶの面々、周辺事情談義で大いに盛り上がりました。

********************************************************************************
次回の 『たどくらぶ』 は、12月11日(日)13:30~ です。
参加のお申し込みは下記よりどうぞ。
https://tadoku.org/english/tadokulove
********************************************************************************

Show post links

みや
 
記事: 111
登録日時: 2014年6月21日(土) 21:50

Re: たどくらぶ 開催のお知らせと報告

投稿記事by ms.mikan » 2022年11月20日(日) 20:26

ms.mikanです。
私はAnsony Mcgowanの”I AM THE MINOTAUR"を紹介しました。

貧困、母親のひどいうつ病、ネグレクト、チャイルドケアラー、学校でもいじめ、孤独・・・と、暗い問題が次々と描かれます。どうしてMcGOWANはいつも暗い話ばかり書くのか・・・最初の数章でウンザリして読むのを止めてしまいました。しばらくして何故か気になり・・再び読み始めました。学校でも孤独で居場所のない生活でしたが、彼に好きな子ができました。そして、彼女の誕生プレゼントの自転車が盗まれて・・・俄然、主人公が元気になり・・・その頃から話がだんだん面白くなってきました。彼女の名前が、ギリシャ神話に出てくる女神Ariadneと同じだったことから、主人公も自分の境遇がMinotaurと似ていると考えるようになり、詩を書いて彼女のロッカーにこっそり潜ませたり、ページをめくる速度がだんだんと早くなってきました。最後は、いろんな問題も解決の方向に向かい、希望が見えてくるような終わり方だったので、後味もよかったです。
全く知らないギリシャ神話だったので、検索してMinotaurはどんな人だったのか、どんな話だったか調べてみました。
TheseusがAriadoneの助けを借りてMinotaurをやつけるパペットショーも、多読仲間が紹介してくれて、みんなで観ました。
AriadoneとMinotaurhaは、実は義理の兄妹だったこともわかりました。
たどくらぶでは、こうして話がどんどんいろんな事にふくらんでいくのが、すごく楽しいです。

********************************************************************************
次回の 『たどくらぶ』 は、12月11日(日)13:30~ です。
参加のお申し込みは下記よりどうぞ。
https://tadoku.org/english/tadokulove
********************************************************************************

Show post links

ms.mikan
 
記事: 236
登録日時: 2014年5月16日(金) 13:37

Re: たどくらぶ 開催のお知らせと報告

投稿記事by RuiRui » 2022年11月27日(日) 17:30

こんにちは。RuiRuiです。
12月のたどくらぶ開催のお知らせです。

■12月11日(日)13:30〜

たどくらぶはオンライン参加もできます。
「Zoom」を使って事務所とオンラインの参加者をつないで開催します。
どうぞふるってご参加ください。お待ちしています!

詳細とお申し込みは下記よりどうぞ。
https://tadoku.org/english/tadokulove/


『たどくらぶ』 は
仲間と一緒に Tadoku を楽しみたい人の集まりです!

 読み聞かせをしたり…
 好きな本を紹介したり…
 自分のプロジェクトを発表したり…

それぞれが、思い思いに Tadoku を楽しんでいます。

Tadoku をされている方なら 「誰でも」 ご参加いただけます。
多読歴や「英語力」は問いません。
手ぶらでのお気楽参加も歓迎します。
仲間の話を聞いているだけでも楽しい!はずです!
はじめての方も気軽に遊びに来てください。
オンラインでも参加できます。
お待ちしています!

=========================================================
◇日時: 12月11日(日)13:30~15:30頃 (遅刻早退可、適宜延長あり)
◇会場: NPO多言語多読/Zoomでのオンライン参加
http://tadoku.org/about/address
◇参加費:
正会員・準会員 700円
賛助会員・一般 1,000円
オンライン参加 500円
多読講座受講生 初回無料

◆お申し込み
https://tadoku.org/english/tadokulove/
==========================================================

RuiRui
________________________________________
Show post links

Show post links

RuiRui
 
記事: 268
登録日時: 2015年10月02日(金) 15:39

Re: たどくらぶ 開催のお知らせと報告

投稿記事by RuiRui » 2022年12月08日(木) 16:32

みなさん、こんにちは。
RuiRuiです。

今月のたどくらぶで紹介するマザーグースはこれです。

Oh, the brave (or grand) old Duke of York,
He had ten thousand men;
He marched them up to the top of the hill,
And he marched them down again.

And when they were up, they were up,
And when they were down, they were down,
And when they were only half-way up,
They were neither up nor down.




People have much debated which Duke of York this rhyme referred to.
There are three candidates.
One of them is Prince Frederick, Duke of York and Albany (1763 -1827),
the second son of King George III and a younger brother of King George IV.
He was a commander-in-chief of the British Army during the French Revolutionary Wars and the Napoleonic Wars.

There is no evidence of such useless military operations (marching his men up and down the hill for nothing).
And most of the countries over which he went was flat with no hills.

As a matter of fact, there was another nursery rhyme before in the 17th century.
This older rhyme was about a French king, Henri IV (reign 1589 – 1610) and very popular among British people.

The King of France went up the hill
With forty thousand men,
The King of France came down the hill,
And ne’er went up again.

It is said that someone changed these old lines to make a British adaptation.


There is a bronze statue of Prince Frederick in London, very near to the statue of King Charles I, which I talked about at the last たどくらぶ.

(Joolz Guides)


The statue stands on a very tall column.
The total height of the monument to the top of the statue is about 42 meters.
The Duke was a good commander in the military life, but his private life was full of scandals, and he wasted quite a lot of money.
He died with 2 million pounds in debt.
People said that his statue was placed on such a high column to avoid the claims of his creditors.



The Duke of York nursery rhyme is popular among children as an action song.


Or you might lift and lower a small child or baby like this:




“Duke of York” title has usually been given to the second son of monarchs since the 15th century.
The current title holder is Prince Andrew, who has a bad reputation for his sexual assault on a teenager.
I found this harsh adaptation made by someone in the media.
Everyone knows that it is based on the famous nursery rhyme.

The grand old Duke of York,
He had twelve million quid.
He gave it to someone he never met,
For something he never did.

See you soon at たどくらぶhopefully.
RuiRui

=========================================================
◇日時: 12月11日(日)13:30~15:30頃 (遅刻早退可、適宜延長あり)
◇会場: NPO多言語多読/Zoomでのオンライン参加
http://tadoku.org/about/address
◇参加費:
正会員・準会員 700円
賛助会員・一般 1,000円
オンライン参加 500円
多読講座受講生 初回無料

◆お申し込み
https://tadoku.org/english/tadokulove/
==========================================================

Show post links

RuiRui
 
記事: 268
登録日時: 2015年10月02日(金) 15:39

1つ前へ

Return to オフ会

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[8人]

cron