たどくらぶ 開催のお知らせと報告

オフ会の告知、報告はこちらにどうぞ?
フォーラムルール
ここはオフ会、行事、イベントのお知らせ、報告用のフォーラムです。

Re: たどくらぶ 開催のお知らせと報告

投稿記事by RuiRui » 2021年9月09日(木) 12:26

みなさん、こんにちは。
RuiRuiです。
今月のたどくらぶで紹介するマザーグースは“I saw a ship a-sailing”です。


I saw a ship a-sailing,
A-sailing on the sea,
And oh, but it was laden
With pretty things for thee!

There were comfits in the cabin,
And apples in the hold;
The sails were made of silk,
And the masts were all of gold.

The four-and-twenty sailors,
That stood between the decks,
Were four-and-twenty white mice
With chains about their necks.

The captain was a duck
With a packet on his back,
And when the ship began to move
The captain said, Quack! Quack!




Imagine a gorgeous treasure ship returning to you with pretty things and delicious sweets.
The sails are made of silk and the masts are gold.
Twenty four sailors are all mice and the captain is a duck saying Quack!
This lovely ship has inspired many illustrators.

And Beatrix Potter also drew this ship although the illustration was not published.
https://collections.vam.ac.uk/item/O136 ... ix-potter/

In this rhyme the word “four-and-twenty” is used for the number 24.
This expression can also be found in other rhymes.
For example, “Sing a song of sixpence”, “Four and twenty tailors went to kill a snail”, “Barber, barber, shave a pig”, and so on.
I don’t know the reason why “four-and-twenty” appeared in many rhymes.

See you soon at たどくらぶ hopefully.
RuiRui

Show post links

RuiRui
 
記事: 238
登録日時: 2015年10月02日(金) 15:39

Re: たどくらぶ 開催のお知らせと報告

投稿記事by pom » 2021年9月12日(日) 18:36

こんにちは、pomです。
9月12日(日)の『たどくらぶ』の報告です。
今回の『たどくらぶ』はZoomで行いました。参加者は全部で7名でした。

私は、今日は特に紹介するものもなく司会に徹していましたが、
RuiRuiさんのマザーグースの紹介から、海の話、船の話で盛りあがりました。
楽しかったです。

*******************************************************************************
次回の 『たどくらぶ』 は、10月10日(日)13:30~ です。
多読を楽しんでいる人なら、どなたでも参加できます。
お申し込みは下記よりどうぞ。
https://tadoku.org/english/tadokulove
********************************************************************************

Show post links

pom
 
記事: 277
登録日時: 2014年11月22日(土) 06:05

Re: たどくらぶ 開催のお知らせと報告

投稿記事by RuiRui » 2021年9月14日(火) 08:43

RuiRui です。

以前読んだSwallows and Amazons を再び読んでいます。
ストーリーを追うことに一生懸命でドンドン読み進めた前回とは違い、
今回はあちこちたっぷり寄り道を楽しみながらのゆっくり読書です。

Tea clipper, tea race, explorers, Treasure Island, Captain Flint, Captain Drake, Queen Elizabeth, Cutty Sark, sea shanties…と興味は尽きません。

だから、今回のマザーグースは迷わずI saw a ship a-sailingを選びました。

絹の帆に、金のマスト。
おいしいものをたくさん積んだ夢の船。
24匹の船員はみんなネズミで、船長はアヒル。
出航の時にクワー、クワーと鳴くのがおもしろくて。

今まで多くのイラストレーターが絵を描いています。
マザーグース絵本を家に持っている人は、
さっそく自分の本で絵を確認して見せてくれるのも
Zoom ならではのお楽しみ。

このマザーグースの中に出てくるfour and twentyという表現にも注目。
他のマザーグースでも使われているので、そちらもちょっと紹介しました。

あぁ、同じ本を読んでいる人とおしゃべりするのはなんて楽しいのでしょう。
ちょっと興奮しながらおしゃべりした今回のたどくらぶでした。

次回は10月10日です。
four and twenty 絡みのマザーグースを紹介しようと思っています。

RuiRui

Show post links

RuiRui
 
記事: 238
登録日時: 2015年10月02日(金) 15:39

Re: たどくらぶ 開催のお知らせと報告

投稿記事by yosshiy » 2021年9月29日(水) 15:20

こんにちは、yosshiyです。

10月のたどくらぶ開催のお知らせです。
緊急事態宣言が解除されますので、対面とオンライン併用の開催になります。

■10月10日(日)13:30〜

詳細とお申し込みは下記よりどうぞ。
https://tadoku.org/english/tadokulove/

 


『たどくらぶ』 は
仲間と一緒に Tadoku を楽しみたい人の集まりです!

 読み聞かせをしたり…
 好きな本を紹介したり…
 自分のプロジェクトを発表したり…

それぞれが、思い思いに Tadoku を楽しんでいます。

Tadoku をされている方なら 「誰でも」 ご参加いただけます。
多読歴や「英語力」は問いません。
手ぶらでのお気楽参加も歓迎します。
仲間の話を聞いているだけでも楽しい!はずです!
はじめての方も気軽に遊びに来てください。
オンラインでも参加できます。
お待ちしています!

Show post links

yosshiy
 
記事: 251
登録日時: 2015年3月31日(火) 20:33

Re: たどくらぶ 開催のお知らせと報告

投稿記事by RuiRui » 2021年10月04日(月) 14:41

こんにちは、RuiRuiです。

先月ご紹介したマザーグース"I saw a ship a-sailing"の中では
"four-and-twenty white mice"という言葉が出てきました。

four and twenty (24)という数字はほかのマザーグースの中にも出てきます。
一番知られているのは"Sing a song of sixpence"です。
でも以前のたどくらぶで既に取り上げたので、
今回は別の2つのマザーグースを紹介しようと思います。

The first one is:

Four and twenty tailors
Went to kill a snail,
The best man amongst them
Durst not touch her tail;
She put out her horns
Like a little Kyloe cow,
Run, tailors, run,
Or she’ll kill you all e’en now.





This rhyme is sung in “The tailors of Gloucester” (by Beatrix Potter).
Please see around 19:00.



Kyloe cows is a breed of Highland cattle having shaggy hair and long curving horns.



And the second rhyme is this:

Barber, barber, shave a pig,
How many hairs will make a wig?
Four and twenty, that’s enough.
Give the barber a pinch of snuff.



“Snuff” is a tobacco in the form of powder. People breathe it into their noses.


See you at たどくらぶ on October 10.
RuiRui

Show post links

RuiRui
 
記事: 238
登録日時: 2015年10月02日(金) 15:39

Re: たどくらぶ 開催のお知らせと報告

投稿記事by yosshiy » 2021年10月10日(日) 16:07

こんにちは、yosshiyです。

10月10日(日)の『たどくらぶ』の報告です。
今回の『たどくらぶ』は久しぶりに対面が復活し、Zoomとの併用で行いました。
参加者は対面が5名、zoomが1名でした

私は、zoomで司会のみを担当しましたが、対面での参加の皆さんは、やはり
盛り上がり方が違うとのことで、たっぷりとお話を楽しまれたようです

*******************************************************************************
次回の 『たどくらぶ』 は、11月14日(日)13:30~ です。
多読を楽しんでいる人なら、どなたでも参加できます。
お申し込みは下記よりどうぞ。
https://tadoku.org/english/tadokulove

Show post links

yosshiy
 
記事: 251
登録日時: 2015年3月31日(火) 20:33

Re: たどくらぶ 開催のお知らせと報告

投稿記事by katobushi » 2021年10月12日(火) 18:56

こんにちは、katobushiです。

久しぶりの対面で、やはり盛り上がりましたね。
Zoomとの中継も新しいレイアウトを工夫して、
うまくいった気がします。

さて、僕は、Jasmine Green Rescuesシリーズの一冊目、
A Piglet Called Truffle を紹介しました。



Farmで暮らす小学生くらいの女の子、Jasmineが、
あちこちで動物をレスキューして連れて帰り、育てます。
一巻目は子豚。
最近YouTubeでfarmingチャンネルを登録していることもあり、
馴染みの光景が頭の中に広がります。

ほんわかした内容ではあるけれど、
なかなかプロットがしっかりしていて、
最近の本らしくだらだらした説明はなく、手際よく話が展開していきます。
読んでて飽きない!

それに、出てくるものとか、両親の言い回し?とか、
なんともbritish!

しばらく楽しめそうなシリーズです。

katobushi

*******************************************************************************
次回の 『たどくらぶ』 は、11月14日(日)13:30~ です。
多読を楽しんでいる人なら、どなたでも参加できます。
お申し込みは下記よりどうぞ。
https://tadoku.org/english/tadokulove
********************************************************************************

Show post links

katobushi
 
記事: 1426
登録日時: 2012年8月02日(木) 16:53

1つ前へ

Return to オフ会

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[9人]

cron