第13回『たどくらぶ』8月13日(日)開催のお知らせ

オフ会の告知、報告はこちらにどうぞ?
フォーラムルール
ここはオフ会、行事、イベントのお知らせ、報告用のフォーラムです。

第13回『たどくらぶ』8月13日(日)開催のお知らせ

投稿記事by RuiRui » 2017年7月28日(金) 13:56

こんにちは、RuiRuiです。

8月13日(日) 『たどくらぶ』 開催のお知らせです。

『たどくらぶ』 は
仲間と一緒に TADOKU を楽しみたい人の集まりです!

 読み聞かせをしたり…
 ブックトークをしたり…
 自分のプロジェクトを発表したり…

それぞれが、思い思いに TADOKU を楽しんでいます。

TADOKU をされている方なら 「誰でも」 ご参加いただけます。
多読歴や「英語力」は問いません!
「手ぶら」 でのお気楽参加も歓迎します!
仲間の話を聞いているだけでも楽しい!はずです!
はじめての方も気軽に遊びに来てください!
お待ちしています!


********************************************************************************
◇日時: 8月13日(日)13時~16時頃 (遅刻早退可)

◇会場: NPO多言語多読
http://tadoku.org/about/address

◇参加費:
NPO多言語多読 正会員/準会員 700円
NPO多言語多読 賛助会員/非会員 1,000円

◆ご参加いただくには、毎回必ず 「参加表明」 が必要です。
A) 「このトピックに返信」 する形で参加表明するか、
B) 「NPO多言語多読に申し込み」 をしてください
http://tadoku.org/contact

◆参加表明の締め切り: 8月10日(木)18時まで

◇定員:先着24名
運営メンバー(最大16名)が優先されるため、
最少8名の方がご参加いただけます。
※運営メンバーは、当日の司会、会計、報告等を持ち回りで行います。
********************************************************************************

これまでの活動の様子を知りたい方はこちらをご覧ください
http://tadoku.org/blog/blog/category/tadokulove

Show post links

RuiRui
 
記事: 107
登録日時: 2015年10月02日(金) 15:39

Re: 第13回『たどくらぶ』8月13日(日)開催のお知らせ

投稿記事by Owly » 2017年8月09日(水) 23:57

Owlyです

 参加表明です。

 今日みたいに暑いと、NPO事務所までの道のりがいつもより遠く感じられそうです。
 どうか、ほどほどのお天気になりますように。

 よろしくお願いします。

Show post links

Owly
 
記事: 75
登録日時: 2011年9月08日(木) 00:37

Re: 第13回『たどくらぶ』8月13日(日)開催のお知らせ

投稿記事by RuiRui » 2017年8月10日(木) 13:49

Owlyさん

猛暑の中での参加表明、ありがとうございます!
お部屋を涼しくしてお待ちしておりますね。

RuiRui

Show post links

RuiRui
 
記事: 107
登録日時: 2015年10月02日(金) 15:39

Re: 第13回『たどくらぶ』8月13日(日)開催のお知らせ

投稿記事by RuiRui » 2017年8月11日(金) 13:24

Hello.
RuiRui here.

Below is the mother goose rhyme I've chosen for August たどくらぶ.

"Goosey, goosey gander"

Goosey, goosey gander,
Whither shall I wander?
Upstairs and downstairs
And in my lady's chamber.
There I met an old man
Who would not say his prayers,
I took him by the left leg
And threw him down the stairs.

https://www.youtube.com/watch?v=6-5pB1awY4Y

goosey: children' s way of calling a goose
gander: male goose
whither = where


At the last たどくらぶ,
I showed you "Wee Willie Winkie".
Do you remember the rhyme?
It also has the words "upstairs and downstairs".

Show post links

RuiRui
 
記事: 107
登録日時: 2015年10月02日(金) 15:39

Re: 第13回『たどくらぶ』8月13日(日)開催のお知らせ

投稿記事by RuiRui » 2017年8月14日(月) 11:17

こんにちは、RuiRuiです。
8月13日(日)の 『たどくらぶ』 の報告です。

参加者は全部で10人(運営委員9人+ゲスト1人)でした。
体調を崩しお休みのメンバーが多かった気がします。
みなさんも、お気をつけくださいね。

少人数でしたが、いつもと変わらずいろいろなトピックが出て、
わいわい楽しい時を過ごすことができました。

夏休みのせいでしょうか、実際に旅行に行かれた報告(英語)が目立ちましたが、
他にも、ブックトークあり、絵本の読み聞かせあり、
Curious George展に関連したトークあり・・・といろいろな話が聞けました。

今回は偶然にもアイルランドにちなんだブックトークが重なり、
まだ行ったことのないその国の文化に対する興味がふつふつと湧いてきました。

たどくらぶに参加すると毎回思うのですが、
今まで全然知らなかったことや、気づかなかったおもしろいことが聞けて、
私の頭の上に立っているアンテナが、新しい分野の情報をキャッチしようと動き出すのです。
興味関心があることは人それぞれまちまちですから、
10人よれば10人分のおもしろい話が展開されるのです。

具体的にどんな話が出たのかは、
このあとご本人に報告をしてもらいましょう。


********************************************************************************
次回の 『たどくらぶ』 は、9月10日(日)13時からです。

ご参加いただくには、毎回必ず 「参加表明」 をしてください。
開催日の約2週間前に「開催のお知らせ」トピックが投稿されます。
その投稿をもって、参加申し込みの受付を開始します。

参加を希望される方は、そちらへ 「参加表明」 していただくか、
NPO多言語多読へメールか問い合わせフォームよりお申し込みください。

これまでの活動の様子を知りたい方はこちらをご覧ください。
http://tadoku.org/blog/blog/category/tadokulove
********************************************************************************

Show post links

RuiRui
 
記事: 107
登録日時: 2015年10月02日(金) 15:39

Re: 第13回『たどくらぶ』8月13日(日)開催のお知らせ

投稿記事by yosshiy » 2017年8月14日(月) 11:34

yosshiyです

「アメリカの刑務所について」話をしました。

事例 2つを紹介
(1)TVドラマ:刑務所にいる罪人に面会する場面で、
・大部屋で複数の人が同時に面会する。プライバシーの問題はないのかな?
・夫婦が一夜を過ごせる部屋が提供される。 本当かな? どうして?
(2)現実の社会:1年前のアメリカ大統領選挙において、
・ある日本人著者は、「ヒラリーは刑務所で投票日を迎える。部屋はスイーツ」と書いた。 ホテルのスイーツのような部屋のこと? 本当?

事実は? 
2つの事例が本当かどうか、また、その理由も判らないので、たどくらぶ参加者に教えを乞うた。「知的犯罪」が別扱いになっているのかも と言うコメントが貰えた。他にも、刑務所が出てくるTVドラマや映画も紹介された。

私の考え・想像
 日本では刑務所は公的サービスだが、アメリカでは民営化されている。
民間会社は利益を上げるため、サービスメニューが多様化しているのかも?
アメリカでは、刑務所も金次第ということかも?

解決に向けて
 こんな疑問を解決したいので、これからもTVドラマや映画を見続けよう。

Show post links

yosshiy
 
記事: 96
登録日時: 2015年3月31日(火) 20:33

Re: 第13回『たどくらぶ』8月13日(日)開催のお知らせ

投稿記事by RuiRui » 2017年8月14日(月) 11:52

ふたたびRuiRuiです。

私は、いつものようにマザーグースの紹介をしました。
今回選んだ"Goosey, goosey gander"にはメロディがついているので、
みんなで歌ってみました。
簡単そうに思えても、実際に歌ってみるとなかなか口がついていかないものです。
だから、絵本の読み聞かせ前の準備体操としても、
マザーグースを歌ったり唱えたりするのはおすすめですよ。

このマザーグースがテレビドラマや本の中に使われている例も、
鳥山淳子さんの著書『もっと知りたいマザーグース』を参考にしながら紹介しました。
アガサクリスティの『トミーとタペンス』や、
C.S.ルイスのナルニア国物語シリーズ『ライオンと魔女』の中に出てくるらしいです。

会話の内容としては、Upstairs and downstairsだけで十分意味が通じる場面でも、
ついついそのあとにin my lady's chamberと続けたくなってしまうのだと。
決まり文句のようになっているのですね。
もしこのマザーグースを知らなかったら、
どうして文脈とは関係のないlady's chamberがいきなり出てきたのだろう?と
不思議に思うことでしょう。
でも、もう大丈夫。
Upstairs and downstairs in my lady's chamberは、
意味とは関係なく、どうしてもひと続きに言いたかったのね~と余裕で微笑みましょう。

過去に扱ったマザーグースでも、同じような例がありました。
Pussy cat, pussy cat, where have you been?
I've been to London to look at the queen.
で始まるマザーグース、覚えていますか?

「ロンドンへ行く」というとすぐにこのマザーグースが頭に浮かび、
"I've been to London."とだけ言えばいいところを、
ついつい"to look at the queen"と付け足してしまうのだとか。
私たちも、いつの日にかそうなるかしら・・・?
そんな日を夢見て、
次回も何かマザーグースを紹介しましょう。
お楽しみに。

RuiRui

Show post links

RuiRui
 
記事: 107
登録日時: 2015年10月02日(金) 15:39

Re: 第13回『たどくらぶ』8月13日(日)開催のお知らせ

投稿記事by RuiRui » 2017年8月14日(月) 15:27

またまた、RuiRuiです。

マザーグース紹介のほかに、
絵本の読み聞かせもしました。

Emily
by Michael Bedard
pictured by Barbara Cooney



実は、先月と先々月のたどくらぶで、
アメリカのニューイングランド地方の話をゲストの方から聞いて以来、
マサチューセッツ州やら、ケープなんとかやら、
今まで全然関心がなかったあのあたりのことが、
ずっと気にかかっていました。

そんな折、映画『静かなる情熱 エミリ・ディキンスン』(岩波ホール、9月15日まで)の予告を見て、
「あっ、またマサチューセッツ州だ」と、不思議な縁を感じました。

https://www.youtube.com/watch?v=H_0anOdq8Jg


アメリカを代表する女性詩人Emily Dickinson (1830-1886)の名は、とても懐かしい感じがしました。
大学時代に何度も聞いた名前だったからです。
でも彼女の詩を読んだことはほとんどないし、
どういう人だったのかも知りません。

それで、Amazonから詩集を買って読んでみました。
多読を6年ほど続けてきた今、Dickinsonの詩が読めるか確かめたかったし、
Kindle版は0円だったので。
でも、情けないほど分からない!難しすぎる!
とほほです。

それならと、Emily Dickinsonのことを描いた絵本Emilyを読んでみようと思ったわけです。

マサチューセッツのある小さな町、
いつも白い服を着て、
20年間も自分の家から外に出ることがなかったEmily。
近所の人が訪ねていっても、自分の部屋に逃げ隠れてしまい姿を見せない。
みんなはshe's crazyだといろいろなうわさを口にする。

Emilyの向かいに、小さな女の子のいる家族がく引っ越してきた。
その子はEmilyのことが気になる。
寂しくはないの?
詩を書いていると聞くけど、詩って何?

ある日、ドアの郵便受けに、1通の手紙が投げ込まれた。
彼女のおかあさんに、ピアノを弾きに来てもらいたいというEmilyからの招待状だ。
封筒には、ブルーベルの押し花も入っていた。
女の子は、おかあさんについて行くことにしたのだが・・・。

Michael Benardの文章は、詩のように美しいです。

RuiRui

Show post links

RuiRui
 
記事: 107
登録日時: 2015年10月02日(金) 15:39

Re: 第13回『たどくらぶ』8月13日(日)の報告

投稿記事by たんぽぽのわたげ » 2017年8月15日(火) 15:35

たんぽぽのわたげです。
あまり準備できずに行ったので、かんたんにですが、、、

★7/30、喜餅さんの英語落語を聞きに行った報告
 たどくらぶメンバー他7人で行きました。
 怪談スペシャル(怪談3演目+short story 2つ)
 おもしろかった~。
http://kokucheese.com/event/index/469529/

●Asahi Weekly
その喜餅さんがAsahi Weeklyの取材を受けられて、
インタビュー記事と、7/30に聴いた『お菊の皿』の文章が載りました。(8/6号)

おもしろい仕掛けがあって 無料のアプリを喜餅さんの写真にかざすと
『お菊の皿』の落語の動画(ショートバージョン)が見られるのです。
少しだけみなさんにも見てもらいました。
笑い声が上がり、「わかりやすいね」と好評でした!
 (こちらでバックナンバーが買えるようです。
http://www.fujisan.co.jp/product/1281683380/b/list/ )

★Curious George展
松屋銀座で8/9~8/21 「おさるのジョージ展」があっているので
それに合わせて

◎The Journey That Saved Curious George: The True Wartime Escape of Margret and H.A. Rey

という本を買ってみました。
届いたばかりでちゃんと読めていないのですが、前日に見たNHKの特番の内容と合わせて簡単に作者について話し、


◎Curious George / H.A.Rey作 Margret Rey絵  の読み聞かせをしました。


こんなに愉快なおさるのお話が、
実は出版するまでに作者夫婦の壮絶な体験があったことなど想像もできてなかったです。
今回はうろ覚えだったり、ごく簡単にしか話せなかったので
次回、もう少し整理して来たいと思っています xd  (「思って」います!笑)

Show post links

アバター
たんぽぽのわたげ
 
記事: 103
登録日時: 2011年9月06日(火) 02:04

Re: 第13回『たどくらぶ』8月13日(日)開催のお知らせ

投稿記事by katobushi » 2017年8月21日(月) 11:58

​Hi guys.
Ktb here.

The last TadokuLove
I read a book.
A scary one.
...Kind of.

Thought it's just wright for summer.
I tried to scare ladies (and gents).
By making creepy voice.

(That's the plan.
But it failed because I began the story with my very nice gentle voice... which never bother them!)

Oh dear.
Reading aloud is sometimes tricky.
But it's fun.
Still worth a try.

Feel free to join us.
It would be a good opportunity to know how people enjoy Tadoku.
And Tadoku people always inspire you.
Maybe.
Let's find out.

Here's the book I read, by the way.



Show post links

katobushi
 
記事: 778
登録日時: 2012年8月02日(木) 16:53

次へ

Return to オフ会

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[2人]