【TADOKU特別セミナー】2017年1月29日(日)「シャドーイングでTADOKU」報告トピック

NPO多言語多読からのお知らせです。特別セミナーの報告もここから見ることができます。

【TADOKU特別セミナー】2017年1月29日(日)「シャドーイングでTADOKU」報告トピック

投稿記事by サーバ管理者 » 2017年1月29日(日) 10:47

みなさま、こんにちは。

約1年ぶりとなる、今回の特別セミナーは「シャドーイングでTADOKU」です。
シャドーイングに特化したセミナーは3回目になります。

詳細はこちらをご覧ください。
http://tadoku.org/seminar/2017/01/06/4015

それでは報告トピックの始まりです。今回はどんな感想、報告が聞けるでしょうか。
遠方で参加が難しい方、次回の参加を考えている方、興味のある方はぜひご覧ください!

********************************

この特別セミナーでは、多読フォーラムにレビュー(感想、質問などなど)を投稿すると言っていただくと500円引きになるという企画を行っています。
これは、当日参加するだけでなく、セミナーで疑問に思ったこと、当日聞けなかったこと、そしてその後の様子もぜひ聞かせてもらいたい、さらには参加できなかった方にも当日の様子をお知らせしたいという気持ちから立ち上げた企画です。今後もこの特別セミナーではこの呼びかけを行う予定ですので、ぜひ、お気軽に手を挙げてくださいね!

報告トピックといっても、何を書いたものかと緊張すると思いますが、当日の様子をつまびらかに書かなくてかまいません!
印象に残ったこと、話を聞いて感じたこと、セミナーでの疑問、質問、さっそく字幕なしでこんな作品を観てみた!シャドーイングをしてみた!話しをしてみた!書いてみました!という実践報告。。。
とにかく決まった形式はありませんので、みなさんの書きやすいスタイルで投稿してください。

感想の分量は「 ***** 」で囲ったくらい書いてくださると、今後のセミナーへの参考になるのでうれしいです!

********************************

このトピックは、参加した方だけでなく、参加していない方も投稿していただいてかまいません。おしゃべりも自由です。
ただし投稿していただいたレビューに疑問、質問をいただいても、参加したみなさんには答えられない場合もありますので、そこはご了承ください。セミナー自体に関する内容でしたら、事務局か酒井理事長よりお答えします!

それでは、みなさま、よろしくお願いいたします! :applause:

NPO事務局 大賀

Show post links

アバター
サーバ管理者
NPO事務局
 
記事: 318
登録日時: 2010年12月13日(月) 17:09
お住まい: Tokyo

Re: 【TADOKU特別セミナー】2017年1月29日(日)「シャドーイングでTADOKU」報告トピック

投稿記事by Rio » 2017年1月29日(日) 21:34

初めまして、Rioです。
昨年のシャドーイング講座に参加した後、継続ができていなかったので今回も参加させて頂きました!
今回、個人個人のシャドーイングのレベルを見てアドバイスを頂けたので、とても有意義な時間となりました!
私は劇薬シャドーイングをやってから早めのスピードの英語音声を聞いていきたいと思います。
自分が思っていたよりもハリーポッターの音声が所々わかっていたことは意外でした。
まずは、いい意味で理解できないレベルのスピードの音声を聞いて、自分なりにシャドーイングを模索していきたいと思います。
これからも宜しくお願いします!

Show post links

Rio
 
記事: 1
登録日時: 2017年1月29日(日) 17:13

Re: 【TADOKU特別セミナー】2017年1月29日(日)「シャドーイングでTADOKU」報告トピック

投稿記事by oriduru1970 » 2017年1月29日(日) 22:44

こんばんは。セミナー報告をしたいと思います。

最近まで、朗読を聞きながら、目で文字を追いつつ音読するのがシャドーイングだと思って、そのようにしていました。でも、どうやら違うらしいなと気づいて、どうやったらシャドーイングなんだろうか、と考え始めた矢先に、このセミナー開催を聞いて、参加を決めました。

朗読を聞きながら音読している時は、よく舌がもつれたり、段々朗読のスピードについていけなかったりしていました。まだ英語になれていないだけなのかな?と思っていましたが、今日のセミナーで、カタカナ英語とネイティブの英語では、同じ文章を読んでいても音節の数が違ってくるという話を聞いて、そういうことかと納得しました。無意識に音節の多いカタカナ英語で読んでいたから、朗読のスピードについていけなくなっていたのですね。

日本語の音にプラスして、日本語にない英語の音を覚えれば英語の音がわかるようになる、という前提で読んでいたから、何が問題だったのかもわからなかったのだと、日本語と英語の隣り合った円の図を見ながら、目から鱗が落ちた気持ちでした。

基本的にほとんど全ての文字を発音する日本語に親しんでいる私たちの中には、文字は全て発音するものという思いこみがあるのかもしれません。だから耳で聞く音と、自分の思うカタカナ英語が食い違っていても、その違いに気づきにくいのでしょうか。

劇薬シャドーイングの素材は、なじみのない言語ならなんでもいいという事でしたので、プーシキンの『金の鶏』のロシア語朗読(未知谷から出ている朗読CD絵本)でシャドーイングをしてみました。してみたのですが、馴染みのない言語は、そもそも聴き取るのが難しい!でも、それを聴き取ろうと音に集中するのが、シャドーイングには必要なのでしょうか。

金の鶏を聴きながら、これまで英語の朗読は、内容にばかり注目して、音にはあまり注意を払っていなかったなと反省しました。この朗読はロシア語がわからなくてもすばらしいので、何度繰り返しても飽きずに楽しめると思います。他の劇薬シャドーイング素材探しも楽しみです。

全体的に和気藹々とした楽しい時間で、良い刺激になりました。また機会がありましたら、参加させていただきたいと思います。その時は、今日よりもっと英語に親しめているといいのですが。

最後になりますが、今日は素敵なセミナーを開催していただき、ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

Show post links

oriduru1970
 
記事: 5
登録日時: 2017年1月29日(日) 13:44

Re: 【TADOKU特別セミナー】2017年1月29日(日)「シャドーイングでTADOKU」報告トピック

投稿記事by kawai » 2017年1月30日(月) 17:44

kawaiです。シャドーイング講座楽しかったです。
英語と日本語の音は違う!私たちが習ってきた“英語の発音”と実際の発音は違うのだ!というお話に「なるほど〜」と思いました。だから何回言っても通じないし、映画の英語字幕を見ながら聞いても聞き取れなかったのですね。
私も、まずは勧めていただいた劇薬シャドーイングから始めようと思います。
講座でシャドーイングを実践した時にカタカナ英語発音になっているという指摘を受けましたが、自分ではどれがカタカナっぽくてCDのとどう違うのか気がつけません(苦笑) 自分の中に知らず知らずのうちに入ってしまっている単語の音があって、それが出てきてしまうようです。自分では無意識なので防ぐのは難しい…ですので、全く知らない言語のものを使ってシャドーイングするのが効果がありそうだと思いました。
また、講座でハリーポッターを聞いた時、速いので音を真似するだけとはいえ口がついていけず、あーだめだ〜という気持ちになり、聞いたことがある単語だけが耳についてしまって、うまくシャドーイングできていないと感じました。その次に聞いたクロニクルの方は、ハリーポッターよりスピードは遅いのですが耳慣れない単語が多かったので、自分なりにはシャドーイングらしく真似できたように思いました。そこで、速い英語といっても速すぎるものではなくギリギリ真似できるスピードで、でも馴染みのない言葉が多いものを選んでシャドーイングしてみたいと思います。それでシャドーイングの感覚をつかんだら高速英語シャドーイングに挑戦してみるのはどうかと思っています。
さあ、劇薬と耳慣れない英語シャドーイングでどんな効果が出るか?それとも出ないのか…実験開始です!酒井先生の言葉を信じて!自分の可能性にほんのちょっぴり期待して(笑) 英語の世界を楽しみたいと思います‼︎

Show post links

kawai
 
記事: 2
登録日時: 2017年1月29日(日) 12:15

Re: 【TADOKU特別セミナー】2017年1月29日(日)「シャドーイングでTADOKU」報告トピック

投稿記事by mrssk » 2017年1月31日(火) 23:53

こんにちわMariです
前回出席した後、自分がどのくらい進歩(?)できているか指導してもらいたくて参加しました。
先生に”いいよ!”と言われると嬉しくて一人で黙々とやるより励みになりますね!

私はゆっくりなものでも分からない単語が多かったので今回は上手くコピーできたかな?と少しは思います。

実はPCが不調でデータをきれいにした時期が有り、その時劇薬シャドウイング用にとった音声も消しました。
素材を貯めるまでの間、借りてきた本のオーディオしか練習素材がなかったので、いいやり方かどうかわかりませんが、
ゆっくりモノの時は出来るだけ素直にコピーする事に専念するか、時には意味まで全部わかるレベルのものを登場人物になりきって
やる!ということをしていた時期があります。

運動不足解消のために歩いて帰る道中ずっとなりきりシャドウイングしていて、多分、不審者に思われる事も多かったと思います(笑)
でも自分が楽しめたので続けられたのですが、この方法はいかがでしょうか?

今回先生にハリーポッターで練習してもちょうどいいと言われたのでそれが嬉しくて挑戦してみたいと思います。
今後はドラマなどにも挑戦してみたいです。

参加すると先生の指導を受けられるだけでなく、自分が難しいと思っている事はみなさんも同じだと思って励みになります。
ありがとうございました!お疲れ様でした。

Show post links

mrssk
 
記事: 8
登録日時: 2015年12月03日(木) 11:43

Re: 【TADOKU特別セミナー】2017年1月29日(日)「シャドーイングでTADOKU」報告トピック

投稿記事by Neal » 2017年2月03日(金) 19:16

Nealです。
シャドーイング実験を5日間やってみましたので、そのご報告をします。

やり方は以下の通りです。
A 「劇薬シャドーイング 素材紹介」から劇薬シャドーイング5分〜10分
B 「英語の難しい ドラマ」で検索したドラマを使って高速シャドーイングを15分〜20分
C GR で普通のシャドーイングまたは「Whitecollar」のなりきりシャドーイングを飽きるまで


5日間やってみての感想
1.高速シャドーイングの素材選びが難しかったです。
2.劇薬シャドーイングは意外に楽しかったです。
3.「whitecollar」のなりきりはやってみて、「ダメだこりゃ」と思いました。
4.GR のシャドーイングが劇的に楽しくなりました。
5.アメリカ英語か、イギリス英語かを気にせずに素材選びをしてもいいのかな?と少々疑問に思いました。

講座は2時間半が短いと感じるほど楽しかったです。
私はアメリカ英語とイギリス英語の区別がつかないので、イギリス英語のなりきり朗読を講座でお聞きになった講座生さんが、「すごい!イギリス英語だ!」と感動されてた事に感動しました。

Show post links

Neal
 
記事: 16
登録日時: 2017年1月20日(金) 23:31

Re: 【TADOKU特別セミナー】2017年1月29日(日)「シャドーイングでTADOKU」報告トピック

投稿記事by yuppi » 2017年2月06日(月) 10:09

:grin: セミナー、とっても楽しかったです。

心に残ったことをお伝えしたいと思います。

まず、酒井先生の”英語が伝わらない体験談”は 映画の「Madame in NewYork」で主人公がカフェで飲み物が注文できなかったシーンが繰り返し思い出され、さらに自分自身もカナダで英語が通じず落胆した思い出も重なって、なんとも切ない気分になりました。

このセミナーに出席するまでは、”理解できるくらいの速さの英語がシャドーイングに良いに違いない”と思って、我流でVOA(ポッドキャストでゆっくり話してくれる番組)のシャドーイングをしていました。
が、「内容を理解する必要はない」「せわしい英語かどうか(頭を使わないで済むかどうか)」「何を言っているか分からない早いものから始め、カタカナ英語が出なくなってきたら徐々にゆっくりな英語のシャドーイングにする。そこからまた早いものに変えていく」というのを知って、
「きゃー、真逆のシャドーイングをしてたんだ!!!」ということのショックと、早く気づけて良かった、という感謝が湧きました。

ということで、実際やってみたところ、

劇薬シャドーイングの効果は…まだよくわかりません。
大好きな「sherlock」の大好きなBenedictについていこうとシャドーイングを試みました。
が、眠くなって途中から気を失ってました。

Sherlock(Benedict?)の弾丸スピーキングはテキストとしてはぴったりなので、
このまま続けていこうと思います。

目からウロコがたくさんのセミナー、ありがとうございました。

Show post links

yuppi
 
記事: 2
登録日時: 2017年1月25日(水) 16:13

Rioさん、報告をありがとう!

投稿記事by さかい@tadoku.org » 2017年2月07日(火) 23:14

Rioさん、昨年に続いて参加してくださって、ありがとうございました。

で・・・ 今回は継続できそうですか?

継続がシャドーイングの最大の課題です。
セミナーで話しましたが、なんとか参加のみなさんのその後を見守る態勢を作りたいと考えています。
具体的になったらフォーラムとメールでお知らせします。1,2ヶ月後かな?

それまでなんとか継続していてください・・・ :aserimasu:

Rio さんが書きました:初めまして、Rioです。
昨年のシャドーイング講座に参加した後、継続ができていなかったので今回も参加させて頂きました!
今回、個人個人のシャドーイングのレベルを見てアドバイスを頂けたので、とても有意義な時間となりました!
私は劇薬シャドーイングをやってから早めのスピードの英語音声を聞いていきたいと思います。
自分が思っていたよりもハリーポッターの音声が所々わかっていたことは意外でした。
まずは、いい意味で理解できないレベルのスピードの音声を聞いて、自分なりにシャドーイングを模索していきたいと思います。
これからも宜しくお願いします!

Show post links

アバター
さかい@tadoku.org
 
記事: 3154
登録日時: 2010年12月13日(月) 23:19
お住まい: Tachikawa-shi, Tokyo, Japan
Pottermore username: QuillStrike149

oriduru1970さん、報告をありがとう!

投稿記事by さかい@tadoku.org » 2017年2月07日(火) 23:32

oriduru1970 さんが書きました:こんばんは。セミナー報告をしたいと思います。

最近まで、朗読を聞きながら、目で文字を追いつつ音読するのがシャドーイングだと思って、そのようにしていました。でも、どうやら違うらしいなと気づいて、どうやったらシャドーイングなんだろうか、と考え始めた矢先に、このセミナー開催を聞いて、参加を決めました。

シャドーイングに定説はないですね。きっといろいろな目的でいろいろなシャドーイングがあるのでしょう。
ただし、多読的シャドーイングは実際に変化が顕れる唯一のシャドーイングではないかとこっそりですが考えています。
シャドーイングということばずいぶんあちこちで見たり聞いたりしますが、
お題目ばかりで実際の変化についてはまったく情報がありませんね。
朗読を聞きながら音読している時は、よく舌がもつれたり、段々朗読のスピードについていけなかったりしていました。まだ英語になれていないだけなのかな?と思っていましたが、今日のセミナーで、カタカナ英語とネイティブの英語では、同じ文章を読んでいても音節の数が違ってくるという話を聞いて、そういうことかと納得しました。無意識に音節の多いカタカナ英語で読んでいたから、朗読のスピードについていけなくなっていたのですね。

音節数の違いという説明はまだうまくないので、わかってくださるとちょっとほっとします。
でも、もっとうまく説明できるようにならなきゃ、ですが・・・
日本語の音にプラスして、日本語にない英語の音を覚えれば英語の音がわかるようになる、という前提で読んでいたから、何が問題だったのかもわからなかったのだと、日本語と英語の隣り合った円の図を見ながら、目から鱗が落ちた気持ちでした。

あの図は以前に比べるとわかりやすくなっているかな?
ほかのみなさんの感想を見てみよう。

そうだ、ついでにここでこの話の図を貼り付けよう!
と、思ったけれど、貼り付けられないので、この図はブログで見せることにします・・・

基本的にほとんど全ての文字を発音する日本語に親しんでいる私たちの中には、文字は全て発音するものという思いこみがあるのかもしれません。だから耳で聞く音と、自分の思うカタカナ英語が食い違っていても、その違いに気づきにくいのでしょうか。

おやおや、この話はしませんでしたが、その通りです。
書いてある文字は全部「声にする」ものと思っていると実際に聞こえてくる英語の音は
まったく違いますね。

それをわたしは「音は落ちる」と表現しますが、これも図を書いてうまく説明できるといいな。
いまは「マクドナルドの法則」と「チャーチル・マティーニの法則」で説明していますが
セミナーでは話す時間がありませんでした。図ではないので、説明に時間がかかってしまうのです。
劇薬シャドーイングの素材は、なじみのない言語ならなんでもいいという事でしたので、プーシキンの『金の鶏』のロシア語朗読(未知谷から出ている朗読CD絵本)でシャドーイングをしてみました。してみたのですが、馴染みのない言語は、そもそも聴き取るのが難しい!でも、それを聴き取ろうと音に集中するのが、シャドーイングには必要なのでしょうか。

ロシア語朗読! いいですね!! :applause:
聞き取らなくていいですよ。ただ赤ちゃんのように聞こえたまま(のつもりで)繰り返してください。
最初はもごもごにしかなりませんが、だんだん元の音に似てきます。不思議なもんです。
金の鶏を聴きながら、これまで英語の朗読は、内容にばかり注目して、音にはあまり注意を払っていなかったなと反省しました。この朗読はロシア語がわからなくてもすばらしいので、何度繰り返しても飽きずに楽しめると思います。他の劇薬シャドーイング素材探しも楽しみです。

そうですか!? それはおもしろいな。今度聞かせてください。
全体的に和気藹々とした楽しい時間で、良い刺激になりました。また機会がありましたら、参加させていただきたいと思います。その時は、今日よりもっと英語に親しめているといいのですが。

最後になりますが、今日は素敵なセミナーを開催していただき、ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

こちらこそありがとうございました!
近いうちにまたシャドーイングを聞かせてください。楽しみにしています!

Show post links

アバター
さかい@tadoku.org
 
記事: 3154
登録日時: 2010年12月13日(月) 23:19
お住まい: Tachikawa-shi, Tokyo, Japan
Pottermore username: QuillStrike149

kawaiさん、報告をありがとう!

投稿記事by さかい@tadoku.org » 2017年2月07日(火) 23:38

kawaiさん、シャドーイング・セミナー参加、ありがとうございました。

kawai さんが書きました:kawaiです。シャドーイング講座楽しかったです。
英語と日本語の音は違う!私たちが習ってきた“英語の発音”と実際の発音は違うのだ!というお話に「なるほど〜」と思いました。だから何回言っても通じないし、映画の英語字幕を見ながら聞いても聞き取れなかったのですね。
私も、まずは勧めていただいた劇薬シャドーイングから始めようと思います。

劇薬シャドーイングで耳と口を直結します。
次になりきりシャドーイングで、音声の雰囲気や勢いやメロディーやリズムをそのまま吸収してください!
講座でシャドーイングを実践した時にカタカナ英語発音になっているという指摘を受けましたが、自分ではどれがカタカナっぽくてCDのとどう違うのか気がつけません(苦笑) 自分の中に知らず知らずのうちに入ってしまっている単語の音があって、それが出てきてしまうようです。自分では無意識なので防ぐのは難しい…ですので、全く知らない言語のものを使ってシャドーイングするのが効果がありそうだと思いました。

そうですね。すでに頭に入っている「英語(らしき)音」を無視するために
劇薬シャドーイングはとてもいいと考えています。
また、講座でハリーポッターを聞いた時、速いので音を真似するだけとはいえ口がついていけず、あーだめだ〜という気持ちになり、聞いたことがある単語だけが耳についてしまって、うまくシャドーイングできていないと感じました。その次に聞いたクロニクルの方は、ハリーポッターよりスピードは遅いのですが耳慣れない単語が多かったので、自分なりにはシャドーイングらしく真似できたように思いました。そこで、速い英語といっても速すぎるものではなくギリギリ真似できるスピードで、でも馴染みのない言葉が多いものを選んでシャドーイングしてみたいと思います。それでシャドーイングの感覚をつかんだら高速英語シャドーイングに挑戦してみるのはどうかと思っています。
さあ、劇薬と耳慣れない英語シャドーイングでどんな効果が出るか?それとも出ないのか…実験開始です!酒井先生の言葉を信じて!自分の可能性にほんのちょっぴり期待して(笑) 英語の世界を楽しみたいと思います‼︎

信じなくていいですよ! :aserimasu:
「だまされたと思って」だまされてください!?
そして様子を知らせてください。楽しみ! :rainbow:

Show post links

アバター
さかい@tadoku.org
 
記事: 3154
登録日時: 2010年12月13日(月) 23:19
お住まい: Tachikawa-shi, Tokyo, Japan
Pottermore username: QuillStrike149

次へ

Return to NPO多言語多読のイベント告知・報告

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]