英会話喫茶に行ってきました!

多読・多読的リスニング・多読的スピーキング・多読的ライティングに関する、報告、相談、質問など。
フォーラムルール
- このフォーラムでは、各自で新規トピックをたててください。
- 過去のやりとりなども参考になります。検索を使ってみてください。
- 同じ相談・質問は禁止ではありません。あなたのお話しを聞かせてください。

英会話喫茶に行ってきました!

投稿記事by katobushi » 2014年8月15日(金) 16:11

こんにちは、katobushiです。
先日、はじめて英会話喫茶に行ってきたので報告します :coffee:

その名の通り、お茶をしながらネイティブ(orそれに近い英語話者)と話せます。
参考までに、僕が行ったところは

 ・1時間1000円(以降30分400円)
 ・ハーブティ飲み放題
 ・1つのテーブルにネイティブ・ホスト1人、客6人まで
 ・基本的に日本語禁止

こんな感じでした。僕が行った時は4対1だったかな?
カフェといっても会議室みたいなところに、丸テーブルが並んでるだけでした。

ホストによって全く変わってくると思いますが、
今回はホストを中心に会話がまわって、客同士のやりとりは少めでした。
英会話学校の講師に比べれば色んな意味でテキトー(笑)だったので、
かえってそれが自然な会話でホストの性格が見えて?楽しかったです :yorokobashii:

いつものように相槌多め、いちいち相手の話に反応しながら、、、
ちょっと込み入った話のときは、ああでもないこうでもないと外堀を埋めながら、
最後はバッシっとまわりに言い当ててもらって。。。
どうしてもこういう話し方しかできないんだよなぁ。。。

??????

ツイッターで初英会話喫茶の報告をしていたら、AMINOさんから英会話喫茶の使い方について
助言をいただきました!
AMINOさんは英会話カフェをよく利用されるそうで、
その時のお話しを何度か伺って、僕も行ってみようと思った次第であります。

英会話喫茶のうまい使い方は 「(様々な)他の同席者とうまく折り合うこと」 かな。

普通英会話喫茶はほとんどレベル分けされていないので
数名で1人のネイティブの場合は必ず一番しゃべれない人が置いていかれる。
客が気を使ってもスタッフも話せる人の方に意識が向きがち。

「折り合う」とは難しくてわからなかったり、あるいは簡単すぎて退屈になっても
平静に自分の出番を合づちを打ちながら待つこと(笑)
だから結構日によって充実感が違うんだよね。

なるほどです!
いつも自分のペースに巻き込んでしか話せない僕とはえらい違いです(笑)
よーし、次回は落ち着いた会話に挑戦してみるぞ!
みなさんもぜひお試しを :coffee: :coffee: :coffee:

Show post links

katobushi
 
記事: 648
登録日時: 2012年8月02日(木) 16:53

Re: 英会話喫茶に行ってきました!

投稿記事by さかい@tadoku.org » 2014年8月17日(日) 21:09

katobushさん、おもしろい報告をありがとう!
いろいろ試してみてますね。おもしろい。

katobushiさんはtwtterで次のように書きました。

昨日の英会話喫茶で思ったのだけど、ロールプレイで身につけた(と思われる)なめらかさって、その人の顔が見えないのと、無駄がなさ過ぎて会話が突然終わってしまう傾向があると思う。あれだけしゃべれのに常に自信なさげだし… なかなか難しいね


無駄がないのではなくて、無駄なことをしゃべれないのでしょう。
で、我田引水ですが、おそらくkatobushiさんは多読的スピーキングですが、
ほかの日本人はみんな「英作文スピーキング」あるいは「パターン・スピーキング」だったのだろうと思います。
英作文スピーキングの場合は、頭に日本語を思い浮かべて、それを和文英訳して、
話し始めますが、たまたま頭に浮かんだ日本語が英訳しにくい場合は、先を続けられなくなります。
場合によってはその「詰まる感じ」は次第に恐怖に変わってしまい、英語で話すことが辛くなります。

ちょうど知らない語を全部辞書で引きながら洋書を読もうとすると、次第に作業が辛くなって、
数ページで放り出してしまうのに似ています。

英作文スピーキングよりも苦しいのは、「パターン・スピーキング」で
いくつかの決まり文句を覚えて、それを使って会話するのだけれど、
パターンにぴったりはまるやりとりなんてあるわけないので、「英会話本」に載ってない方向に
話が進むと受け答えに窮してしまう・・・ これもやはり相当辛い経験なので、
次第に気持ちは「英語でおしゃべり」から離れていく・・・

(あるいはそういうしゃべり方を許容してくれる人つまり英会話学校の先生としか話せなくなる・・・)

英作文スピーキングも、パターン・スピーキングも、文法的には正しいことが多いと思われます。
何しろ自分でチェックしながら文を組み立てるのですからね。
一方多読的スピーキングは、行き当たりばったりで、口を開く前には何が出てくるか分かってません。
そこで文法的には間違っていることも多くなります。

けれども「自由度」では英作文スピーキングやパターン・スピーキングは多読的スピーキングに
遙かに及びません。初めての話題だろうがなんだろうが、とにかく話をつなげる自信はあります。
その上そもそも間違いを指摘てきされたことがないから、恐れを知らない。

実は、多読仲間の英語と、普通に「勉強」した人の英語の違いについては、
AMINOさんも、たんぽぽのわたげさんもそれぞれの機会に実感して、話してくれたことがあります。
どうかみなさん、katobushiさんやAMINOさんやたんぽぽのわたげさんのように、
外へ(!)出て行って、多読的スピーキングと英作文スピーキングの違いを、
そんな違いがそもそもあるかどうかを含めて確かめてください。
そして報告を! :pencil:

Show post links

アバター
さかい@tadoku.org
 
記事: 3111
登録日時: 2010年12月13日(月) 23:19
お住まい: Tachikawa-shi, Tokyo, Japan
Pottermore username: QuillStrike149


Return to いっしょに歩こ! - tadokuに関する報告、質問など

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]

cron